カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


Twitterの方に「メルマガ読んだだけで痩せました!」というコメントをいただきました。


このお言葉、スタート当初からよくいただいてるんですけど、これが一番嬉しいですね~


だって、そのために17年前に(サイト運営よりも前に)「あなたはホントはやせられる!」というタイトルのメルマガを始めたわけですから。


メルマガは週イチの配信ですが、Twitterの方ではリアルタイムに思いついたヒントをお届けしております。


こちら、娘に「5年遅かったね」と言われつつ恐る恐る始めたんですけど、なかなか慣れなくてですねー笑


気がつくと数日放置してたりしますが;写真つきでお伝えしたいダイエットのヒントやライフハックなどもいっぱいありますので、気長にお待ちいただければ有難いです。


Twitterアカウント「@netslim」


さて。


コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、巷では「気象病」とか「冬季うつ病」なんて言葉もチラホラ聞こえてますね。


季節の変わり目には前日との気温差が10度近い日もあったりしますから、ちょっと油断してるとあっという間に体調を崩してしまいます。


コロナ2年目で第3波到来中の今は特に「病気にならない」ことが最重要課題ですからね。


しかも、激しい気温差で自律神経が乱れると、体調不良はもとより、せっかく落とした体重が戻ってしまったとか、ピタリと動かなくなったとか・・・


ダイエット面においても悩ましい状況に陥りがちです。


そういった季節の変わり目の不具合ってのは、四季のある日本では最低4回は避けられないわけで。


また、(若い時には感じにくくても)歳をとるとそれが年々顕著になるものなんですよねぇ。。。


そんな外的要因をものともせず!一年中安定した体重&体調をキープするためには、日頃の準備が肝心です。


そもそも、体重を落とすためには


「運動2割、食事8割」


というのが専門家のあいだでは定石です。


・・・が、私の中では


「運動1割、食事6割」


くらいかなーと思っているんです。


あと3割足りないですね。笑


そのうちの2割は




「お 風 呂」




です。


そう、


「運動1割、食事6割、お風呂2割、**1割」


という感じ。(最後の1割はまた別の機会に☆)


2割って、運動の倍のウエイトです。


結構大きいでしょう?


それほどダイエットにおけるお風呂の恩恵は大きい、ってことなんです。


これ、もちろんですけど「シャワー」ではダメです。


日本式の“湯船にお湯をためて浸かる”あのお風呂です。


お風呂ってひと口に言っても、「半身浴」や「交代浴」などいろんな入浴法がありますよね。


お風呂は、病気の治療や、スポーツ選手のトレーニング、そして美容方面など、様々な分野でとり入れられているメソッドでもあります。


それくらいからだに与える効能も多岐にわたります。


それだけに体調や目的によって適切な方法を選択する必要があります。


例えば、美容の分野で最もポピュラーな入浴法と言えば「半身浴」でしょうか。


ご存じ、


“ぬるめのお湯に胸のあたりまで浸かる”


という入浴法で、お気に入りの入浴剤やグッズに囲まれ「読書をしながら」「スキンケアをしながら」1時間も2時間もゆったりとバスタイムを・・・


なんて優雅なシーンには憧れますけど、“ダイエット効果”という観点からは断然「全身浴」の方をおすすめします。


全身浴とはその名の通り“肩までどっぷり浸かる”入浴法です。(私の場合は“耳まで”浸かります笑)


全身浴のメリットは、やはり何といっても


「温まりやすい」


ということ。


入り方にもコツがあるんですけど(カウンセリングの方でお教えしてます)ものの20分足らずの入浴で体温を約1度上げることも可能です。


体温が1度上昇すると代謝は12%もUPします。


これだけでもジョギング1時間に相当するダイエット効果が見込めるんですが、全身浴の最大のウリは


「水圧」


です。


一般的な家庭用の湯船ですら、全身浴の際の水圧は500kg以上にもなると言われています。


湯船にからだを沈めるだけで、それだけ大きな負荷をかけたマッサージが全身くまなく行われるわけです。


体温を上げながらのマッサージ効果で血液やリンパの流れも促進されるため、季節の変わり目の不具合もその日のうちにリセットされる感覚です。


私が“耳まで”浸かっているのも、実は「首こりの名医」のアドバイスによるもので。


同時にタオルや手のひらで“まぶたまで”温めるので、静水圧作用&温熱効果で長時間のパソコン業務も「目」「肩」「首」のトラブル知らずです。


これだけ長時間パソコンに向かってるのに「ほとんど肩がこったことがない」と言うとめっちゃ驚かれるんですが。笑


これ(全身浴)をやるとやらないとでは、翌日の体調のみならず体重やお肌まで全く違ってきます。


ダイエットカウンセリングの現場でも、体重や体脂肪の減少だけでなく「食欲の抑制」や「冷え」「むくみ」「肩こり」「生理不順」の改善、そして「疲労回復」や「美肌効果」などなど・・・あらゆる効果のご報告が。


「運動2割、食事8割」を「運動1割、食事6割」に減らしてでも、余りあるダイエット効果が期待できる「お風呂パワー」


この気温変動の激しい時期こそ、ぜひ見直してみてくださいね!


※心臓疾患や高血圧、貧血など体調面に問題や不安材料がおありの方は必ずお医者さまのご指示を仰いでください。



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
    

カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


ワタクシ来週また1つ歳をとるんですけど、ここにきて体組成計の体内年齢は逆に1歳若返っておりました。笑(すでに10歳以上若かったのにw)


まぁ、体組成計に表示される諸々の数値は、性別や年齢、身長に応じた計算式にその日の体重や体脂肪率を組み込んだものですから。


例えば「基礎代謝量」なども(同じ身長&年齢であれば)体重の重い方が高く表示されるんで、「基礎代謝量を増やしたければ、ひたすら太ればいい」という、そもそも信憑性に欠けるデータではあるんですけどね。


それでも前日より若返ってるってことは事実であり(笑)さらにそれが継続できてるところを見ると、どうやら機械の気まぐれでもなさそうです。


実はこれ、自分でも大いに「心当たり」がありまして。


普通ならこの時期「お正月太り」ということで、どんな人でも体重が増えるのが当たり前で、さすがの私も例年“増えこそせずとも現状維持が精いっぱい”という状況なんですが。


今年はむしろ普段よりも体重が減っていたんですよね。


その原因は間違いなく



「夕食」



にある、と確信しています。


“リバウンドのないダイエット”を成功させるうえでとっても重要なのが「朝食」と「夕食」


と、常日頃から私は思っているんですけど、特に


「夕方以降の摂取カロリーが1日の総摂取カロリーの40%を超えると太る」


と言われている「夕食」の内容や時間帯はホントに体重に直結するなぁ、と長年多くのダイエッターさんを見ていてつくづく感じます。


Twitterのフォロワーさんはご存じかと思いますが、そんな私がこの年末年始にハマっていたのが



「野菜の冷凍」



そして、それをぶち込むだけの



「セイロ蒸し」



です。


これ、忙しい時期にはホントお助けメニューで、着替えたりお皿並べたりしてる間に食卓で火にかけておくと、あっという間に出来上がってるんですよねー


ステンレスの蒸し器でやったこともあるんですけど、今回初めて試した木製の蒸籠(せいろ)はもうもうまったくの別格!


シュンシュンと立ち昇る木の香りの蒸気がなんとも言えない癒し効果。(加えて、この時期貴重な加湿効果も!)


メインの肉や魚、点心など(いずれも冷凍)一緒に蒸して、それらを「絞った柑橘の果汁&お醤油」の即席ポン酢で食べる。


ここまで、ものの10分20分ですよ、玄関入ってから(!)


この楽ちんさと美味しさにすっかりハマって、夕食のほとんどをこのスタイルでやり過ごした結果、お正月なのにも関わらず体重が減って体内年齢も若返ったという。。。


しかも、それを“夕食にもってくる”というのが大きなポイントです。


正直、朝からステーキでもランチはコースでも、そのあとの活動量でなんとかリカバリ可能です。(普通に朝起きて夜寝てる人なら)


でも“あとは寝るだけ”の夜の食事は


「余分なカロリーを蓄積しない」

「胃腸に負担をかけない」


それでいて


「デトックス効果がある」

「睡眠中の筋肉の合成や修復をサポートする」


といった条件をクリアすることが大事。


その点でも、野菜死ぬほど食べられて動物性脂肪は落とす「セイロ蒸し」はまさにうってつけのダイエットメニュー。


翌朝のトイレ(小)の量と体重計の数字でそれを実感できますので、お正月太りでお悩みのダイエッターさんもこの「セイロ蒸し」ぜひ試してみてください。(実際の画像はTwitterの方でご覧いただけます☆)



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


新年も1週間が経過しましたが、ダイエッターさんにとって年間最大の鬼門「年末年始」は無事にクリアできましたでしょうか。


今週末の三連休まではまだ通常運転ではない人が多いのかな???


この時期には毎年お伝えしていることですが・・・


“増えてるのが体重のみで体脂肪率が増えてない”という場合の体重増加の正体は単純に「飲み食いしたものの重量」で、しかもその8割方は「水分」である可能性が高いです。


特に、おせち料理やお取り寄せ、外食などはひと口目に“美味しい”と思わせるインパクトが必要なので、往々にして濃い味付けのものが多いでしょう?


そうすると、浸透圧の関係でからだが水分を取り込むため、短時間で一気に体重が増えたりするんですよね。


いきなり増えた体重にヤケになってさらなる暴挙に出る、なんてことさえしなければ、体重もそのうち落ち着いてくるんですけど。


少しでも早く体内バランスを整えて体重を落としたい場合は



「野菜パワー」



に頼るに限ります。


野菜の恐るべきデトックス効果については過去記事▼「今日は何の日でしょう?」▼でもお伝えしてますが、それに加えて野菜には“体内の余分な塩分を排出する働き”もあります。


どの角度から見ても、この時期に増えた体重を落とすには最強の助っ人と言えます。


いや、この時期に限らず「野菜を制する者はダイエットを制する」と言っても過言ではないくらい。


カロリーだけではない、ダイエットや美容、アンチエイジングに有効な成分が野菜にはいーーーっぱいつまっているんです。


ただ、お忙しいワーキングウーマンやビジネスマン、そしておひとり様にとって“野菜の摂取”ってかなりハードルが高いミッションだったりしますよね、実際には。


まず、調理が面倒くさい。


いっぺんに使いきれない。


気がつくと野菜室の隅でお亡くなりになっている。。。


結果、高くつく。


みたいな。


特に「葉物野菜」は足が早いものが多く、私も慌てて変色した部分だけ切り捨てて調理したりしてました。


でも、最近はそういう心配も全くなく、ほとんど手間いらずで野菜をたっぷり堪能できています☆


Twitterの方では連日お伝えしてますが、今さらながらワタクシ



「野菜の冷凍保存」



に目覚めてしまいましてw


お肉やお魚、薬味などはこれまでも冷凍保存してたんですけど、まさか「生野菜」しかも「葉物野菜」まで(!)冷凍でイケちゃうというのは目からウロコで。


野菜の冷凍って下茹でや下味などの「下処理」が絶対不可欠 → めんどくさ!って思って敬遠してたんですけど。


買ってきたまんま(※洗って水分は拭き取る)ザクザク切ってフリーザーバッグにぶち込んで冷凍庫へ。


でもって、使いたい時に使いたい量だけガバッとつかんでお鍋やフライパンに投入すれば、生野菜の時と何の遜色もなく美味しくいただけます。


そういや市販の「冷凍ほうれん草」とかも買ってあったんだった(今思い出した笑)


でも自宅でも美味しく冷凍できるってことがわかって、もう今は買ってきたもの片っ端から「ザク切り冷凍」しまくってます。


目下のお気に入りは「小松菜の冷凍」


ポテトチップスみたいにパラパラになってとっても使いやすい。


ブロッコリーとかも(むしろ下茹でなしで)生のまま冷凍した方が調理の際にぶにょぶにょにならずにちょうどいい!


しいたけもエリンギもしめじもとっても重宝しています。


野菜苦手を克服するきっかけになるかもなので、ぜひチャレンジしてみてください!


「これ、どうすればいいの?」って時はGoogle先生に「〇〇〇 冷凍」で聞いてみて。(なんでも冷凍できちゃうことに驚きます。)


・・・で、「それをどんな風に調理しているのか知りたい」というリクエストもいただいているので、その辺は追い追いTwitterの方でご紹介していきますね。(全然手間かかってないんだけどw)


 
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


どんなクリスマスをお過ごしでしょうか。


こんな日までダイエットとか野暮なことは言いたくないので、ケーキでもチキンでもお酒でも・・・念を残さないよう(?)思いっきり堪能してください。


ここで一人だけストイックに頑張ってしまうと、そのあとの反動が怖いですから。


「楽しむ時は楽しむ」

「メリハリのあるダイエット」


これが「頑張らないダイエット」「5年先も続けられる方法」の基本理念であり、長続きのコツでもあります。


でも、そういった言葉を都合よく解釈して対応を間違ってしまうと、あっという間に最高体重を更新してしまうのが年間最大の鬼門「年末年始」です。


例えば、この時期にありがちな体重増加のパターンは


食べ過ぎ&飲み過ぎでカロリーオーバー
 ↓ 
(翌日) 恐る恐る体重計に乗る
 ↓ 
思ったより体重増えてなくてホッとする 
 ↓ 
油断してまた羽目を外す 
 ↓
(2~3日後) 久しぶりに体重計に乗る
 ↓ 
どっかーん!と増えてショック受ける


これ、短期間にイベントが続く時期のあるあるで、このメルマガの読者さんならもう耳にタコでしょうけども、


「とり過ぎたカロリーが体重に反映されるまでには時差がある」


ということを忘れた(もしくは知らない)ために起こる悲劇です。


食べ過ぎた翌日に大幅に体重が増えることはありませんし、もしあったとしても、数日後にはもっと増えます。(とり過ぎたカロリーが脂肪となって身につくまでに数日かかるので。)


逆に言うと


「とり過ぎたカロリーが数字に反映される前にエネルギーとして消費してしまえば体重増加にはつながらない」


ということでもあります。


体重を増やさない確実な方法は


「アンダーカロリー(摂取カロリー<消費カロリー)」


にもっていくこと。


何度もお伝えしてますが、


「10,000kcal食べても10,001kcal消費すれば絶対に太ることはない」


のですから。


このイベントシーズンにすでに体重が増えてしまった人も


「増えてるのが体重だけで体脂肪率は増えていない」


という段階であれば、まだ間に合います。


今のうちに余剰カロリーをどんどん消費しちゃいましょう。


参考までに、1時間のウォーキングで帳消しにできるお菓子の量はこれくらいです。(種類にもよりますが)


粒チョコ:2~3粒

板チョコ:1/3枚

クッキー:2枚弱

ようかん:1切れ

ショートケーキ:1/3個

ドーナツ:1/2個


その他のお菓子については▼画像で見る100kcalのお菓子▼を参考に。


とり過ぎたカロリーを消費する時間を確保するために


「イベントが2日以上続かないようスケジュールを工夫する」


ということも、この時期の体重増加を防ぐ重要なスキルとなります。


毎年お伝えしていることですが、


<たまのイベントは念を残さないよう思いっきり楽しむ>

<とり過ぎたカロリーは数字に反映される前に消費する>

<イベントが2日以上続かないようスケジュールを工夫する>


この3ヶ条で今年も年間最大の鬼門「年末年始」をストレスフリーに乗り切っていただきたいと思います。


今年のメルマガは今回が最後。


いや、大変な1年でしたが;


来年も(コロナの先が全く見えませんけれども)「頑張らないダイエット」「5年先も続けられる方法」をモットーに“からだが喜ぶダイエット”のヒントをお届けしていきますので、どうぞお楽しみに!


なお、携帯のキャリアメールを登録されている方は、携帯会社のプラン変更等によりメルマガが届かなくなってしまう可能性があります。


今一度ご登録のアドレスをご確認のうえ、必要とあらばアドレス変更のお手続きをお願いいたします。



年末年始の間はTwitterの方でいろんなヒントをお伝えしていきますので、よろしければそちらものぞいてみてください☆
  


メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


北日本や東日本のみならず西日本まで(!)記録的な大雪のニュースに驚いております。


動きがとれない方もたくさんいらっしゃるとのことで、心配です。。。


今週末にはまた次の寒波が控えているようですので、小康状態のエリアの方々もどうか引き続きお気をつけください。


ホントに近年は「しとしと五月雨」とか「ぽかぽか小春日和」などといった季節の変わり目の風情を楽しむ間もなく「猛暑」と「極寒」のあいだでオタオタして1年が過ぎ去ってる感じですが・・・


そうなると大変なのが「体温管理」ですよね。(平気で前日比10度くらい上下したりするんで)


Twitterの方でもお伝えしてますけど、体重を落とすうえでもこの「体温管理」って実は結構重要な課題でして。


体温が1度下がるだけで基礎代謝(やせ力)は約10%低下しますし、エネルギー代謝に必要な酵素の働きも半分以下に落ち込みます。


つまり、体温が36.5度の人と35.5度の人とでは、同じ食事をしていても後者の方が太りやすいということに。


さらにこのご時世、命綱とも言える「免疫力」


これまでもが、体温が1度下がることで約30%低下するんだとか。


コロナやインフルに感染してしまったら、それこそもうダイエットどころではありません。


健康のためにもダイエットのためにも、この時期の「温活」はとても重要なミッションとなります。


ただ・・・


やみくもに温めればいいというものではなく。


特に気をつけていただきたいのが「睡眠中の体温」の管理です。


私達のからだは


「眠りに入る時に体温が下がり、目覚めるとまた上がる」


という仕組みになっています。


そう、寝ている間って、疲れをとったり無駄なエネルギーを使わないために、体温をあえて1~1.5度ほど下げた「エコモード」に切り替わるんですね。


“電気毛布をつけっ放しにする”とか“モコモコの部屋着をパジャマ代わりに使う”といった行為はそれに逆行するもので、体温調節がおかしくなり、自律神経の乱れや脱水症状を引き起こすことにもなりかねません。


からだを冷やしちゃいけないと思ってやってることがあだになってるかも!?


しっかり寝てるはずなのに「疲れがとれない」とか「体重が落ちない」といったお悩みをお持ちの方は要注意です。



「結論=寝ている時に必要以上に体温を上げない」



これが大事なんです。


Twitterでそれをお伝えした時に「もみいさんのパジャマの素材は?」というご質問をいただいたんですけど・・・


私、人生の1/3を占めると言われる睡眠時間をサポートするものには投資を惜しまないと決めているので笑


今の季節だと、織りから縫製まで地元の職人さんが1枚1枚丁寧に作っておられるオーガニックリネン100%のパジャマをもう6年ほど愛用してます。


夏場は、滋賀県産上質コットン使用の“何も着ないより涼しい”と言われるダブルガーゼのパジャマ。


いずれも、適度な保温性と吸水性を兼ね備えた天然素材の「睡眠中にちゃんと体温が下がるパジャマ」です。


ちょっぴり厚手のリネンのパジャマは、ネルっぽく経年変化しててそこそこ暖かいんですけど、寒い冬の夜でも快適に眠るためには


「寝る前に布団乾燥機や湯たんぽでお布団を温めておく」


ということと、もう1つ大事なポイントがあります。



「毛布は羽毛布団の上にかける」



あったか毛布をからだに直接かけてる人も多いかと思いますが・・・


羽毛には人の体温で膨らんで保温性を高める性質があるので、間に毛布をはさんでしまうと、せっかくの羽毛が台無しです。


羽毛布団の場合は直接からだが羽毛布団に触れた方が温まる、ってこと覚えておいてください。


その熱を逃さないために羽毛布団の「上に」毛布をかけるのが正解です。


さらに保温効果を上げたれば、からだから放出される熱を受け止めるために


「からだの下に毛布を敷く」


これで“自分の体温で自分を温める”という、無理のない理想的な体温管理が行えます。


ちょっとしたことですけれど、毎日のことなので、こういった「生活のしかた」の違いが半年後には体重・体調の差となって表れてきます。


寒い週末となりそうですので、ぜひできることから試してみてください。


私もまた何かヒントを思いついたらTwitterの方でこっそりお教えしますね☆


メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


今日は朝から近くの八百屋さんにゴロゴロとカートを引いて出掛けてきました。


うちの近所にはふつ~のスーパーもいわゆる高級スーパーもあるんですけど、なぜだかお洒落な通りの一角に謎の“行列のできる八百屋さん”がありまして。


おいちゃんとおばちゃんが空きスペースに旗立てて産直の野菜や果物を売ってるんですよね。


それが安くて新鮮で美味しいので、あっという間に売り切れゴメンになっちゃうんです。


なので朝から行列w(お昼頃行ったら、もうもぬけの殻状態)


そこで週に1回、「どこの飲食店の人?」というくらい、カートいっぱい野菜を仕入れて帰るんですけど。


この1日が私にはとっても重要な1日でもあるんです。


「食べてやせるダイエット」


を推奨する私にとって、なくてはならないのが「野菜」


かと言って、別にベジタリアンというわけではないんですよ。


ストイックに糖質制限を行っているわけでもありません。


お肉も食べるしご飯も食べます。


ただ、一番助けてもらってるのは「野菜」かなー、と。


これ、カロリーとかカサ増しの問題だけではなく、それ以上に有難みを痛感しているのが、野菜の「抗酸化作用」や「デトックス効果」です。


詳細については過去記事▼「今日は何の日でしょう?」▼でお伝えしてますが、その効能は野菜不足が続いた時に


「最近どうもからだが重い」とか
「疲れがなかなか取れない」とか
「メイクのノリが悪い」とか


もう“身をもって”思い知らされます。(その「差」すら感じない人はかなり重度の野菜不足かも。。。)


なので、「食べてやせるダイエット」はもちろん「アンチエイジング」や「健康」のためにも、野菜は欠かせないパートナーなんですが・・・


いかんせん、野菜は手間がかかる。


仕入れもそうだけど、買ったあとの保存や仕込み、そして調理・・・と。


忙しい現代人が1人でその工程をこなそうと思えば、かなり難易度の高いミッションですよね。


そこで、さらなるパートナーが必要なわけです。


それは



「もう1人の自分」



私の座右の銘に


「明日の自分を助けてあげられるのは今日の自分」


っていうのがあるんですが。


お休みの日やちょっとした隙間時間に「明日の自分のために」何かできることをやっておく。


その「もう1人の自分」がいるといないとでは、半年後のからだがもう全くの別物になってしまうんです。


でも、何から手をつけていいかわからないよ~


という人も多いですよね、きっと。


そんな人の「もう1人の自分」にスイッチを入れるおすすめの動画をYouTubeで見つけました。(すでに40万人がチャンネル登録してるみたいなので、もうご存じかもしれませんが)




メニューは別にダイエットを意識したものではないんでしょうけど、食材の保存法が“目からウロコ”


今すぐキッチンに行きたくなります。笑


今はこういったヒントがいろんなところに溢れているので、そういうったものを上手に使って「食べてやせるダイエット」のパートナーを呼び起こしてみてください☆



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:



「免疫力UPダイエットコース」は定員に達したため募集を締め切りました。
悪しからずご了承ください。
         
        
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  

    

カテゴリ:
  
こんにちは。もみい里香です。


先週買ったばかりのユニクロのジーンズが「誕生感謝祭」で値下げされてて「あ~ぁ」なワタシです。笑


そもそも私のダイエットの目的の1つが


「50代でも60代でも(70代でも!)ジーンズをカッコよく履きこなすため」


っていうのは、このメルマガでもしょっちゅう言ってることなので「耳にタコ」の読者さんも多いかと思いますが。


ある有名スタイリストさんが「とりあえずこれだけは買っておけ!というもの何かあります?」という質問に対して


「ワードローブを何か新調しようと思った時は、まずジーンズを1本買ってみて」


と即答されたのがすっごく印象に残っていて。


ジーンズは時代に合わせて微妙にシルエットが変化してるので、そこを変えるだけでも見た目が洗練されてグッとスマートに見えるんだそうです。


そういうこともあって、私もハイブランドから定番ブランドまでありとあらゆるジーンズを新調したり断捨離したり・・・忙しいんですけどもw


今までユニクロのジーンズを買おうと思ったことはなくてですね(←全く信用してなかった笑)


先週ふと出来心で“美脚ジーンズ”と話題の「スリムストレートハイライズなんちゃら」を試着してみたんですよ。


そしたらこれがなんと!!予想を上回る実力で!!


鏡に映った脚が


「まっすぐ!」

「長い!」

「細い!」


しかもこの値段!?(ヒトケタ違うし!!)


というんで「即買い」でした。


それが今週からさらに安くなっているようです。笑


よろしかったらみなさんもお試しください。


って、別にユニクロの宣伝をしに来たわけではなく!


ここまでファストファッションのクォリティが上がってきたら、それがハイブランドに見えるかプチプラに見えるかはもう


「体型次第」


ってことですよね。


例えば、インスタで素敵なコート姿の人をみつけて


「どこのブランドやろー?」


と調べてみたら、諭吉1枚でお釣りがくるノンブランドだったり。


一方で、いつも高い服しか買ってないのに、どーーーーしてもユニクロにしか見えない(ごめんなさい!ユニクロさん;)って人がいたり。


そういう人間ウォッチングをしていてつくづく思うのは


「服じゃないなぁ」


ってこと。


全く普通のアイテムでもサマになる。


そんな「大人の女のひと(男のひと)」


の存在が昔も今も私のダイエットの大きな原動力になっています。


見た目の印象を決めるのは


「服」より「体型」


「10万円の服」より「10kgの減量」


どちらが財産になるか・・・


これも明白ですね。


その他、おすすめのアイテムみつけたらTwitterの方でお知らせしますね(私ももう1本色ち買いしよ



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


先日Twitterの方でもお伝えしたんですけど、“基礎代謝を上げるため”とか“コンプレックスを解消するため”に筋トレを続けておられるダイエッターさんから、


「なんだか最近小顔になったような」とか
「ほうれい線が薄くなった」


というお声を多くいただきます。


共通してるのは、どなたもお顔のマッサージとかエステとか、特別なお手入れはしていらっしゃらないということ。


この“風が吹けば桶屋が儲かる”的な摩訶不思議な現象のカラクリ。


筋トレによって“若返りホルモン”とも言われる「成長ホルモン」の分泌が促進される、等々・・・


要因はいろいろ考えられるんですけど。


意外なところで、私達のからだが「一枚皮」ってとこも大きいんじゃないかと思うんですよね。


美容におけるアンチエイジングって、ある意味「重力との闘い」でもありますが、からだの中でも特に大きな部分(太ももの筋肉とか腹筋とか)が退化すると、その分全体的に下に引っ張られることになります。


それはもうホントに気づかないくらいの変化でじわりじわりと下がっていくので、当のご本人には自覚もないでしょうが、その「たるみ」日に日に着実に進んでいるんですよね。


そのため、ある時(無防備の状態で映った)ショーウィンドウの顔や写真を見て自分の老け顔にビックリする羽目に。


そういうことに人一倍危機感を抱く女優さんやモデルさんなど“美のプロフェッショナル”は筋トレが「天然の美容液」ほどの効果をもたらすこともしっかり認識しておいでです。


なので、「歳とっても昔と全然変わらないよね~」なんて人は、どんな状況下でも筋トレのための時間&お金は必ず投資していらっしゃいます。


でも、私達一般人が日々の生活に追われながら・・・では、時間的にも経済的にもできることに限界がありますよね。


そこで、運命を分けるのが




「習慣」




です。


日々の生活習慣の中にいかに筋トレを組み込むか。


これに成功するか否かで数年後の見た目が大~きく変わると言っても過言ではありません。


これ、私自身にとっても永遠の課題でして。


だって、筋トレって面倒くさいしキツイし。。。基本、やらずに済むならやりたくないw


そんなだから、頑張ろうと思えば思うほど続かなくなるので、


「何かをしながら行うトレーニング」


の種類をとにかく増やそうと。


それで基礎代謝も上げて老化も防ごうという魂胆。笑


ということで、いくつかあるワザのストックから1つご紹介しておきますね。


これ、実は83歳の母から教えてもらった方法で、


「膝の間にゴムボールをはさみながら〇〇〇〇する」


という習慣。(今もボールはさみながらこの原稿書いてますw)


ボールは100均とかにある直径20cmほどのエクササイズ用のもので十分です。


膝の間にはさんだゴムボールを両側から押すことで、他のことしながら「太ももの内側の筋肉(内転筋)」が鍛えられます。


それにより太もものシェイプアップはもちろん、股関節のサポート効果も。


母は今でも腰も膝も曲がらずどこまでも歩いて行っちゃうくらい元気なんですが、82歳からこれ始めてさらに基礎代謝がUPしたそうです(!)


そう、筋トレに遅すぎることはないのです。


「いくつから始めるか」ではなく「いくつ習慣にできるか」


そこにこだわって日々の生活習慣のスキマを狙ってみてください。


「歯磨きしながら」「ドライヤーかけながら」「洗い物しながら」「デスクワークしながら」


使える時間はまだまだ意外とあります。


その他のおすすめのワザも折を見てTwitterの方でお伝えしていきますね☆



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
  
こんにちは。もみい里香です。


長年ダイエットのカウンセリングをやってきてつくづく感じるのが


「家のメンテナンスとからだのメンテナンスは相通ずるものがある」


ってことなんですよね~


例えば、以前Twitterでつぶやいた「もったいない」という感覚とか。


ほかにも「体重が落ちると同時に部屋が片付いてきた」なんてお声も少なくありませんし。


ということで、今日は“一見ダイエットには関係なさそうなんだけど、実は共通している”というお役立ち情報を1つシェアしてみたいと思います。


先日キッチンの排水の調子が悪くて業者さんに来てもらったんですが、どうも油汚れが蓄積して排水管を狭くしていたみたいなんです。(コレステロールで血管が狭くなるイメージ?)


もちろん、油を直接流したりはしませんが、どうしても日々の洗い物の際に流れたものがこびりついてしまうみたいで、これはしかたのないことなんだとか。


その時、プロの方に教えてもらった予防法がめっちゃ「目からウロコ」で!


必要なものは、いわゆる市販のパイプクリーナーとかじゃなく


「洗い桶」


のみです(なければ大きなボウルやお鍋でも)


これで漬け置き洗いをしようって話ではありません。


使うのは「すすぎ」の時です。


食器や調理器具などを洗う時に、すすぎの水をダラダラ流しっ放しにするのではなく洗い桶に溜めます。


そして、それがいっぱいになったところで一気にザーーーーッ!!と流す。


ただこれだけ、です。


どういうことかと言いますと・・・


ダラダラ流しっ放しのすすぎ水に排水管にこびりついた汚れまで剥がすパワーはないけれども、大容量のお水を一気に流すことでそれが可能になる!


ってことなんですね。


しかも、それを毎食後に行えば排水管が詰まる暇がないという。。。


確かに、やってみると1回の食器洗いだけでも数回すすぎ水って溜まるんですけど、溜めなきゃ弱い水流でダラダラ流れていくだけですものね。


同じ理論で、お風呂場も湯船派の人よりシャワー派の人の方が排水管が詰まりやすいんだそうです。


ちょろちょろ流れていくお湯では排水管の掃除はできないけど、バスタブいっぱいのお湯を排水することで排水管の汚れも一緒に押し流されるんですって。


そういう意味でも、シャワー派の人も週に一度くらいはお湯を溜めてお風呂に入った方がいいんだとか。


・・・と、ここで私の中では「からだのメンテナンス」とリンクするわけです。


例えば、「糖質制限ダイエット」や「置き換えダイエット」に多いお悩みが


「便秘」


ですが、その代表的なものが“便のもとがない便秘”です。


便の主な材料は水分や食べ物のカスなので、炭水化物の摂取量を極端に減らした食事では便そのもののカサが減り、結果“便のもとがない便秘”を引き起こすことに。


そういう方には「一度思い切ってご飯をたっぷり食べてみて!」とアドバイスします。


そうすると、あたかも排水管の詰まりが解消するようにお通じがスッキリ!!通っちゃうんです。


どちらも「圧」がポイントですね。


意外なところに共通点を見つけてビックリするやら腑に落ちるやら。。。


「排水管の詰まり」に「便のもとがない便秘」、いずれも日々の習慣をちょっと変えることで防げたりしますので、お困りの方はぜひ試してみてください☆


  
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


このページのトップヘ

見出し画像
×