アーカイブ

2019年09月

カテゴリ:


「体質改善ダイエットコース」卒業生の方のみにご提供しております「体質改善用サプリメント」は、卒業後のダイエットを応援する意味で「特別価格」にてお渡ししております。

そのため、来月からの増税後も可能な限り“これまで通りの価格”で頑張らせていただきます。(長期ご利用の方のためのお得なキャンペーンも継続中です。)

常連さんもお久しぶりの方も、どうぞ安心してご利用くださいませ☆

▼サプリメントのリピートについての詳細はこちら▼

カテゴリ:
   
こんにちは!もみい里香です!


「食欲の秋」真っ盛りですね。


海の物も山の物も次々とラインナップが入れ替わり、秋の味覚が存分に楽しめるこの時期。


2週続けての連休もあり、さぞ誘惑も多かったのでは~と推察いたしますが、体重の方は大丈夫ですか?


あと2ヶ月もすると「忘年会シーズン」「クリスマス」「お正月」・・・と、ダイエッターさんにとって年間最大の鬼門「年末年始」に突入しますので、ここで太ってる場合ではありません。笑


「嵐の前の静けさ」とも言えるこの時期に、ご自身の体重増加の原因「太る癖」をまずはちゃんと認識して(←これ大事)今のうちにしっかり修正しておきましょう。


そんな中、


「知らずに太ってる」


というケースも、実はかなりありまして。


例えば、


「ダイエットと美容、健康のために豆乳を毎日飲んでます」


なんて方が時々いらっしゃいますが。。。


確かに、豆乳の原料である大豆(豆類)は、タンパク質やイソフラボンなど、ダイエットや美容、健康に有効な栄養素を含む食品です。


・・・が、豆類の中には意外と脂質を多く含み高カロリーなものも多いのです。


糖尿病食事療法のための食品交換表において「油脂」と同じ扱い(多脂性食品)になっている「種子類(ナッツ類)」はもちろんのこと、ヘルシーなイメージの大豆製品「豆腐」も100g中に含まれる脂質の量は


「木綿豆腐4.2g」>「鶏のムネ肉1.9g」


と鶏肉の倍以上だったりします(!)


豆乳だって、1パック(200ml)あたりのカロリーを牛乳と比べてみると


無調整豆乳:115kcal

牛乳:133kcal


と、大幅にカロリーが低いわけでもありません。(どちらもウォーキングで消費しようと思えば1時間以上かかります。)


その証拠に、以前TVの影響で「豆乳ダイエット」が流行った際には、毎日せっせと豆乳を飲んでいた方達がみるみる体重を増やしてしまい、糖尿病などの体重管理をしていたドクターや栄養士さんが大慌てした・・・なんて裏話もあるくらいです。


また、最近ではイソフラボンの過剰摂取による発ガン性や生殖機能への影響を懸念する向きもありますし、驚くことに大豆には他の栄養素の吸収を妨げる成分が含まれていることもわかってきました。


つまり、過剰摂取はダイエット、美容、健康のいずれにおいても逆効果ということに。


なので、「毎日少しずつ」「とり過ぎず控え過ぎず」をモットーにとり入れていただくのが望ましいですね。


そのように「知らずに太ってる」ことが普段の生活の中にもたっくさんありますので、今日は思いついたことだけでもお伝えしておきたいと思います。


■ケチャップにはアイスクリーム以上の砂糖が入ってる

■砂糖が入っていても「砂糖不使用」表示のものがある

■精製し過ぎた白砂糖は麻薬と同じような組成構造(中毒性あり)

■市販の野菜ジュースは野菜の代わりにはならない

■イモ、レンコン、トウモロコシはご飯と同類

■ドライフルーツのカロリーは生の状態の数倍UP

■やせるために必要な油もある

■カロリーを消費してくれる脂肪細胞がある

■トンカツに添えられたキャベツとレモンには意味がある

■焼酎の方が日本酒よりも太りにくい

■食べ過ぎが体重に反映されるのは2~3日後

■「1日2食」はお相撲さんの食生活

■「食後の甘いもの」は体重増加のもと

■ダイエットを成功させるのに「空腹感」は必要

■摂取カロリーを減らし過ぎても太る

■体脂肪率は体内の脂肪の量を測った数値ではない

■筋トレはウォーキングの「後」より「前」が効果的

■腹筋運動だけでは下腹はへこまない

■運動を頑張ってる人ほど太る「落とし穴」がある

■「お洋服のサイズ」=「からだの実寸」ではない


などなど。


ちょっと情報修正してあげるだけで落ちる体重が、実はたくさんある、ということを知っておいてくださいね。


他にもまた思いついたらTwitterの方でお知らせしますので~


メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
メルマガ登録(無料)はこちら

 
  
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□

  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  

カテゴリ:
        
こんにちは!もみい里香です!


先週はど~~~してもメルマガを発行する時間がとれませんで;2週間ぶりの配信です。


メルマガからカウンセリングまで全ての業務をワンオペで回しておりますので、そういう時もあるかと思いますが・・・気長にお待ちいただければ幸いです。


ということで、早速ですが、今週のテーマは


「ピンチのあとにチャンスあり」


またえらく古臭いスポコンもののセリフをもってきたなー、とお思いでしょうか。笑


確かにこれはスポーツやビジネスの世界で昔から使われてきた言葉で、それだけに、ともすると陳腐なイメージだったり気休めにしか聞こえなかったりしがちですけどw


実際にピンチに立たされた時に、この言葉の意味がはっきりとわかります。


なぜピンチがチャンスを生むのか。


私が一番腑に落ちた答えは、


「ピンチがこないと現状を変えようと思わないから」


だって、順風満帆の状態であえて何かを変えようと思いますか?


それができる人はかなり向上心のある人で、そもそもピンチが訪れる隙もないでしょう。


ほとんどの人は日常の平穏の上にあぐらをかき、その土台が頑丈であればあるほど、また歴史が長ければ長いほど、それを変えるってことにわざわざ時間やパワーを費やすことはしないと思うんですよね。


歳を重ねればなおさら腰が重くなります。


でも、何らかの事情によりその日常のバランスが崩れた時。


いわゆる「ピンチ到来」です。


そこで人は初めて「動く」のです。


動かざるを得ない、というか。


「この状況を変えないといよいよマズイ」とか

「この問題を解決するにはどうすればいいのか」


そういうことに気づき、思考を働かせてくれるのが、他でもないピンチの状態です。


ダイエットも全く同じです。


体重は1日で突然5kg10kg増えたりしませんから、じわりじわりと悪化している状況になかなか気づくことがありません。


いや、気づいていても気づかないふりをしているのかもしれません。


その方がラクですからね。


でも、ある時突然ピンチが訪れるわけです。


「久々に引っ張り出した喪服が入らなくなってる」とか

「お店で何を試着しても似合わなくなった」とか

「ウインドウに映る自分の姿に愕然とした」とか

「ついに健康診断で引っ掛かってしまった」とか

「10年ぶりに同窓会のお知らせがきた」とか


ご本人にしてみればかなりのピンチだと思われますが、これがすなわち「チャンス」のはじまり。


こういうことでも起きない限り、現状を冷静に見つめることもないでしょうし、ましてや問題点を洗い出したり、その改善策に知恵を絞ったりすることもないでしょう。


何度も言いますが“パワーがいる”から。


その原動力を引き起こしてくれるのが「ピンチ」です。


そういう意味でも、私のカウンセリングはまず


「採寸」


からスタートします。


もちろんカウンセリングの資料として必要ってこともありますが、最大の目的は


「ショックを受けていただく」


ところにあります。


そう「強制的ピンチ状態」の設定です。


ほとんどの人がもう何年も測ったことのない各部位のサイズを見てショックを受けておられますが、それにより覚悟が決まりスイッチが入ります。


その結果、数ヶ月後に


「あの時、勇気を出して一歩踏み出してよかった」


と思っていただければ、その時こそ


「ピンチのあとにチャンスあり」


という言葉の本当の意味をご自身で体感していただけることになりますから。


今すでに直面しているピンチ。


いつの日か陥るかもしれないピンチ。


どんなピンチにもきっとそんな意味がある、ということを忘れないでくださいね。



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
メルマガ登録(無料)はこちら

 
  
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□

  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  

カテゴリ:
  
こんにちは!もみい里香です!


最近、街を歩いていると


「え?なにこの行列」とか
「あら、こんなところに新しいお店が」


なんてとこはもうほぼほぼ「タピオカドリンク」専門店ですね。笑


とどまるところを知らないタピオカドリンク・ブーム。


その勢いときたら、ブームの仕掛け人をして“想定を超えている”と言わしめるレベルなんだとか。


ダイエットカウンセラーとしてはやはり“ふっといストロー&黒い玉のプラ容器”片手に闊歩しているおねーさん達を見ると、つい「大丈夫かなぁ」と心配してしまいます。


いや、タピオカドリンクを飲むなとは言いませんよ。


もちろん、おすすめもしませんけどw


タピオカ・・・というよりも、元凶は「ドリンク」の方です。


タピオカの原料はキャッサバというイモのでんぷんで、それ自体は(茹でた状態で)100gあたり約62kcalと決して高カロリーではありません。


そう、タピオカ自体に甘味や旨味はないので。


そんな“味のないモチモチしたもの”を美味しく食べるために、砂糖水に漬けておいたり、甘~いミルクティーやココナッツミルクに入れる必要があるわけです。


ちなみに、人気の「タピオカミルクティー」1杯に含まれる糖分はざっと「角砂糖20個以上」(角砂糖1個=3.5g)


1日の理想の砂糖の使用量は「体重の約半分相当のグラム量まで」とも言われていますので、60kgの人で大体「角砂糖8個分(約30g)」までが許容量です。


つまり、タピオカミルクティーだとたった1杯で2日分の砂糖を摂取することに・・・(!)


当然、カロリーもMサイズ(400~500ml)で400kcal前後、メニューによっては800kcalなんてのも;


なので「続けて飲んでると間違いなく体重は増える」ってことは、私が言わなくてももう読者の皆さんはおわかりですね。


それよりなにより、私が危惧しているのは


「タピオカドリンクを飲んでご飯を食べない」


といった人が増えているんじゃないか、という点です。


なまじっかタピオカはでんぷんですし、砂糖たっぷりのミルクティーを500mlも飲めば、それだけでもうお腹いっぱいとなり、肝心のご飯が入らなくなります。


「カロリーとり過ぎたから、お昼はなしで」とか
「同じ糖質だからご飯代わりにこれ1杯」


と思われるかも、ですが・・・


砂糖などの糖質(少糖類)と穀類に含まれる糖質(多糖類)では吸収率や血糖値の上昇速度など、からだへの働きかけが全く違います。


前者は満腹感を感じるのも早いけど、空腹感を感じるのも早い。


つまり、腹持ちが悪いため、変な時間にお腹が空いて間食や夜食に走りがちです。


また、タピオカミルクティーには「糖質」と「脂質(乳脂肪分)」以外の栄養素はほとんど含まれていません。


同じカロリーでも「焼き魚定食1人前」にはエネルギーのもととなる「糖質」、その糖質をうまくエネルギーに換える「ビタミンB1」、細胞膜やホルモンの原材料となる「脂質」、その代謝に必要な「ビタミンB2」、そしてそれら1つ1つの栄養素の潤滑油となる「ビタミン&ミネラル」が満遍なく揃っています。


どちらが「やせる食事」なのかは、もう明らかですよね。


しかも、甘味には中毒性がありますから、しばらくするとまた飲みたくなる。(下手すると毎日のように飲んでる人も。)


とりわけタピオカドリンクの中毒性は、他のスイーツなどと比べても、より依存度が高いように思えます。


それだけ甘味が強いということか・・・


この無限ループにハマってしまうと、2~3kgくらいはあっという間に増えてしまいます。(「液体」の糖質は吸収の速度が早いため。)


そんなこんなで、タピオカドリンクを飲むなとは言いませんが、


「タピオカドリンクを飲んでご飯を食べない」


なんてことにだけはならないよう、飲み方(時間帯とか摂取量とか)には十分気をつけていただきたいと思います。


まだまだブームは終わりそうにありませんのでw



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
メルマガ登録(無料)はこちら

 
  
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□

  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


このページのトップヘ

見出し画像
×