アーカイブ

2020年04月

カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


気がつけば、もうゴールデンウィークに突入しているんですね;


と言っても、今年は「Stay Home Week」ということで、例年とは全く違う過ごし方が求められているわけで。


お家の中で大人しくしておかなければならない日々が延々続いている、って方も多いでしょう。


まぁ、これまで忙しく動き回っていた現代人にとって「お願い!家でゆっくりしといて!!」ってお上から言われる、こんな経験は人生の中でもそうそうないことでしょうから、この機会にからだや心のメンテナンスに勤しむのもありかな、と思ったりもして。


ただ、そうなるとどーしても「間食」が増えちゃう、というお声がダイエットカウンセリングの現場でも多く聞かれるんですよね。


う~~~ん。。。


それも、しかたないんですよね。


なぜならば・・・ってことは

▼「非常時のコントロール不能の食欲について」▼

の方で(対策も含めて)お伝えしておりますので、そちらも参考にしていただきたいのですが・・・


それでもやっぱり間食がやめられない、という方に今日は




『(せめて少しでも)体重増加につながりにくい間食のコツ』




を1つお伝えしておきたいと思います。


実は、一番避けていただきたいのが


「食後の間食」


です。


間食のタイミングについては、専門家のあいだでもいろんな主張があるのは承知してますが、約30年のあいだ多くのダイエッターさんをご指導し続けてきた経験上、私はこれが最もやっかいな「太る癖」だと思っています。


例えば、食後に甘いものをつまむと、食事で上がった血糖値をさらに上げることになり、それを下げるホルモン「インスリン」が追加分泌されます。


インスリンは余った糖質をコンパクトでハイパワーな脂肪に換えて蓄えることにより血糖値を下げるため、「食後の甘いもの」は食事で食べた分まで脂肪としてお腹やお尻に蓄積してしまう危険性があります。


それだけではありません。


「食事のあとに甘いものが欲しい」という現象は、決してお腹が空いてるわけではないですよね?(だって「食後」なんだからw)


それ、ただ単に「癖」になってしまっているケースが多いのです。


食事という行為は人間が生きていくために必要不可欠な習慣で、それをサボる人はあまりいません。


つまり、習慣の中でも特に“定着率の高い習慣”と言えますが、そこに「甘いもの」が紐づいていると、それもセットでがっつり定着してしまいます。


そのため「なかなかやめられない」ということに。


このように、食後の間食は(例え少量でも)体重増加の原因となりやすいですし、しかもそれがからだが吸収モードになっている“夕食後”となるとリスクも倍増です。


「夕食後の間食ほどコワイものはない」


と心得ておいてください。


なので、どーーーしても間食したい場合は、


「陽の高いうちに済ませる」


ことをおすすめします。


できれば「午前中」がベストです。


脳の唯一のエネルギー源でもある糖質を朝に摂取することは、からだのスイッチを入れるうえでも有効です。


なにより、とり過ぎたカロリーは早い時間の摂取であればあるほどその後の生活の中でチャラになる確率が高いです。


かと言って、前夜からの長時間の空腹を経て準備万端の待ち受け状態になっている朝食前のからだにいきなり甘いパンとかデザートとか・・・
高糖質や高カロリーのものを投入するのは、血糖値や吸収率の両面においてリスクが大きすぎます。


ということは、一番無難なのは、血糖値が落ち着く「食事の2時間後」つまり「朝食と昼食のあいだ」の時間帯ということになります。


そう、昔からよく言われている


「10時のおやつ」


これ、実は健康、ダイエット両方の観点から、ものすごーーーく理にかなった慣習なんですよね。(昔の人はホントにエライ!)


こういうご時勢ですから、ダイエットカウンセラーの私も「間食絶対ダメ!」とは言いません。


・・・が、欲望の赴くままに手を伸ばしていたら、コロナが終息した頃には取り返しのつかないからだになってしまいます。


まだまだ続きそうな長い闘いの中、不用意な体調不良や体重増加を回避したければ、同じ間食でもせめて「次の日の午前中」にまわすよう意識してみてくださいね。


日々の積み重ねがもたらす結果は思ったより大きいですから。


PS.忙しさのあまり先週はなかなか発信できなかったTwitterですが、ゴールデンウィーク期間中はメルマガをお休みさせていただき、Twitterの方からいろんなヒントをお届けしていく予定です。
よろしければ、そちらもチェックしてみてください☆

Twitterアカウント「@netslim」

  

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


外出自粛要請が出る中、私達の暮らし方も刻々と変わりつつありますよね。


合言葉は「 Stay Home!(おうちにいてね!)」


ということで、おうちでまったりと週末をお過ごしの方も多いでしょうから、今日は警告の意味も含めて(?)


「もしも太りたければ(どうすればいいのか)」


という、当メルマガの真逆の観点からアプローチしてみたいと思います。


これは私の30年近いカウンセラー人生の中で出会った多くのダイエッターさん達の“ダイエット前の実態”をもとにまとめたもので、


「そりゃあ、これ続けてれば太るよね」


といった「太る癖20か条」でもあります。


これまでにも何度かお伝えしたことがありますが、


「そう言えば前に読んだことが」という方も
「へー初めて」という方も


おうちで過ごす際の「反面教師」的な感じで参考にしていただければと。


当てはまる項目が1つ増える毎に「太る」方向へ1コマ進むことになります。


〓もしも太りたければ(2020年版)〓

□ 2日連続の外食

□ 2食連続の外食

□ 週3日以上の間食

□ お酒と主食の重複

□ 食後のデザート

□ 欠食(朝食抜きなど)

□ 甘い主食(菓子パン、シリアルなど)

□ 甘い飲み物

□ 真っ先にご飯(主食)から箸をつける癖

□ 大盛りのご飯(もしくはおかわり)

□ ひとくちあたり10回以内のそしゃく回数

□ 15分以内で完結する食事

□ 寝る前3時間以内の飲食

□ 朝晩(もしくはいずれか)のみの歯磨き

□ 入浴なし(シャワーのみ)

□ 「4時間半」未満の睡眠

□ 休日の2時間以上の朝寝

□ 小銭やレシートでパンパンの財布

□ 散らかった部屋

□ 体脂肪率を把握していない


以上「もしも太りたければ(2020年版)」でした。


この20項目が積み重なれば、緊急事態宣言の発令期間中に軽く2~3kgは太れるはずです。


逆に言えば、これらを1つずつでも潰していけば体重は確実に右肩下がりになります。

    
それを“知る”“意識する”だけでも「生活のしかた」は変わります。


今までの「生活のしかた」が今のからだを作ってきた以上、今のからだを変えるためには今までの「生活のしかた」を変えていくしかありません。


「Stay Home!(おうちにいてね!)」


の今だからこそできることがあります。


この機会に、これまでなおざりにしてきたご自身の「生活のしかた」と真剣に向き合って、次にお友達と会う時にぜひ「あれ、もしかしてやせた?」のひと言を引き出していただきたいと思います。



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える(「Gmail」「Yahoo!メール」なども可)
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


このページのトップヘ

見出し画像
×