アーカイブ

2020年07月

カテゴリ:
 
こんにちは。もみい里香です。


Twitterではすでにお知らせ済みですが、先日のダイエットカウンセリングに関するアンケートの中で


「Twitterの方でも質問や相談に対して(個々のものではなく一般的な)答えをもらえると嬉しいです」


とありましたので、こちらでもお知らせしておきますね。


現時点ではTwitterでの個別のカウンセリングは行っておりませんが、不特定多数向けの回答でよろしければダイエットに関するご質問やご相談にも対応可能です。


体重を落とすうえで有益な情報であれば、ぜひTwitterの方でもシェアさせていただきたいので、リプライでもDMでもお望みの方からお尋ねいただければと。(文字数や時間などの関係で対応困難な場合もあるかもしれませんが)


あと、ダイエットカウンセリングについて


「そちらのダイエットは何系ですか?(食事?運動?)」

「自分に合うかどうかわからないので迷っています」


といったお声もチラホラと見受けられましたので、その件についてもお答えしておきますと・・・


私のダイエットカウンセリングは、特に「〇〇系」という風にカテゴリー分けされるものではない、と思っています。


例えば、「糖質制限」を主軸としたダイエットプログラムだったり、「筋トレ」に力を入れた指導法だったり・・・(その合わせワザだったり)


それ以外にも「置き換えダイエット」や「ファスティング」などなど。


世の中にはいろ~~んなダイエット法がありますが、それぞれとり入れる側になんらかのメリットがあるからこその選択だと思いますので、(よほど乱暴なものでない限り)特段否定も肯定もいたしません。


ただ、どんな方法であれ、ダイエットする人の本当の目的は





「体重を落とすこと」ではなく「落とした体重を維持すること」





のはずです。


実はこれが最も重要で、かつ最も難しい部分でもあります。


最近も、深夜にふとつけたTVの通販番組に、ちょっと前の某ダイエットプログラムのCMで大変身が話題となった女性芸人さんが、そりゃあもう見分けがつかないほど(!)リバウンドしておられる姿が映し出されていて・・・


さすがの私も久々に愕然としました。


あれは、ダイエット前よりさらに10kgほどリバウンドしておられるのではないかと。


しかも、一気に10歳ほど老化が進んだ印象です。


典型的な「糖質制限リバウンド」です。


もう、何の通販だったのか商品が頭に入らないくらい、目が、その姿に釘付けになってしまいました。。。


これ、また「アレやればいいか」と思っていらっしゃるんでしょうか。。。


まぁ、100歩譲ってそれでもいいとして。


その前に絶対に「落とした体重を維持する方法」を習得しておくべきです。


「落とした体重を維持する方法」それこそが「生活のしかた」です。





「生活のしかたで増えた体重は、生活のしかたで落とすしかない」





というのが私の持論です。


どう頑張ったところで、ここを避けて通ることはできません。


ということで、私のダイエットカウンセリングは、これまでその人の体重を増やしてきた「太る生活のしかた」を1つ1つ「やせる生活のしかた」へとアップデートしていく、いわば


「ダイエット教室」


みたいなもの、という表現が最も近いかもしれません。


「そんなことで体重が落ちるの!?」


と思われるかもしれませんが、、、


落ちるんです。


それくらい「生活のしかた」で太らされている人が多い、ということです。


そんな人が、いくら高いお金をエステやジムに払って大変身を遂げても、元の生活に戻ればリバウンドすることなど火を見るよりも明らかです。


正直、体重を落とすだけならどんなダイエット法でもいいんです。


「糖質制限」でも「ファスティング」でも・・・なんでもいいと思っています。


食べなきゃ落ちるんですから。


問題はそのあと。


そのため、私のカウンセリングでは、まずその人の体質やライフスタイルに合わせた「やせる生活のしかた」を身につけていただきます。


これは「体重が落ちたあと」のそのずーーーっと先を考えてのことです。


なので、どんなダイエット法とも共存可能です。


いかなる方法で体重を落とそうとも


「生活改善9割」

「減量プログラム1割」


という感じで臨んでいただければ、前出の女性芸人さんのようなことにはなりません。


そういうわけなので、


「そちらのダイエットは何系ですか?」とか

「自分に合うかどうかわからないので迷っています」


といったお尋ねについては「心配無用です」というのが私からの回答です。


あなたご自身の体質やライフスタイルに合わせた、あなたご自身の「生活のしかた」のアップデートですから。


他にも何かダイエットカウンセリングについてのお尋ねやご意見がございましたら、下記のフォームよりお聞かせくださいね。(お答えできるものについては、こちらでお答えしたいと思います。)




メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


前回お願いしたアンケートへたくさんのご協力ありがとうございます。


私が予想していたのとちょっと違う回答の傾向に少々驚いております。笑


何はともあれ、いただいたご意見を参考に今後のカウンセリングの形式などを見直していきたいと考えておりますので、引き続きご協力をお願いいたします!
 





そもそも、メールによるダイエットカウンセリングを始めたのが2004年で、今から16年も前のことになるんですよね。


Twitterが生まれたのが2006年なので、当時はまだSNSなんて言葉も概念もなく。


「メールでカウンセリング」


というだけで「詐欺」とか「騙される」とか・・・笑


みなさん結構ドキドキでお振込みされてた感じでしたね。(家族の反対を押し切って・・・みたいなw)
            
               
それから16年の年月が流れ、今年は特にコロナの影響もあり、世の中のあらゆることが一気にオンライン化へ舵を切ることになるわけですが・・・


それでも「メール」となると


「それ(文字だけ)で体重が落とせる」


ということが、どーーーしても信じられない方もいらっしゃるようで。


(大分少数派ではあるものの)いまだに「メールでやせるってどうやって?」とか「メールだけで数万円も?」というお声をいただいちゃったりなんかすると、私の方が驚いてしまいます。

  
だって、例えば「シャツについたインクの染み、どうやって落とせば?」とか「ポンプ式ノズルが空回りして開かないんだけどwww」とか・・・


人生においての困りごとを解決したい時、すぐに検索して答えを見つけるのって「文字」じゃないですか?


口頭で順を追って説明されても「え・・・っと、最初はなんでしたっけ?」ってなりません?(←以前、大阪の梅田駅で乗り換えの説明を受けた時、駅員さんにこう質問したら真顔で「最初はグー」って返されたことを思い出したw)

             
実は、私メールでのカウンセリングを始めるまでに随分長いこと対面や電話でカウンセリングを行っておりました。


なので、むしろ人と会ったり話したりすることは好きなんです。


ただ、そういう時いっっっつも残念に思っていたことは、「言葉」って消えちゃうんですよね。相手がしっかりメモでもとってくれてないと。。。

               
このやりとり、メールだったらいつでも何度でも読み返すことができて、解釈違いも防げるし、保存さえしとけば一生役に立つのになーって。


ずーーーっと思っていて、念願かなって独立と同時に即「メールでカウンセリング」を立ち上げたという経緯があります。

                  
もちろん、書籍やレポートという手段もありますし、はっきり言ってそっちの方が「書いたらオワリ」ではるかにラクかと思うんですけど。。。
                 

せっかく「秘伝のワザ」を披露したとしても、受け取り方によってその価値は大きく変わってしまいます。
      
              
「実際に試してみたけどこうだった」とか              
「こういう時はどうすれば???」とか。。。
       
               
必ずいろんな疑問や問題が生じてきます。

              
それにリアルに対応できなければ、せっかくの情報も活きてこない。
           
           
「結果を出す」
            
               
という点にこだわった時に、そういう状況にタイミングよく対応できて、より多くの方が上手くいく手段が
   
         
「メール」
    
            
だと思ったんですよね。

          
例えば、書籍だと、体重を落とすまで「孤独な戦い」ですが、メールだと「一人じゃない」わけですから、サポートを受けつつ、自立心も養われていきます。(実行するのはあくまでも「自分」なので。)
                

しかも、(これが意外と大きいんですけど)

         
「顔が見えない方が相談しやすい」

               
というビミョーなダイエッターさんの心理にもメールだとお応えできます。

        
だって

            
「エステで裸になるためにまずは少しやせてから!」

             
っていう冗談みたいな苦労話もホントにあったんですから。
          
 
「でも、メールだとウソの報告もできるでしょ?」
 
             
と心配なさる方もいらっしゃいますが、わざわざお金払ってウソつくのって、よほど余裕がないとできないと思います。笑

   
ウソの報告では、ホントに必要なアドバイスも受けられないわけですし。

                
あとはー、、、、


対面や電話でのカウンセリングとなると、スケジュールを合わせるのが結構大変ですし、その予定に縛られてしまいがちですが、メールだと時間を気にせず、夜中でも明け方でもすっぴんでも(!)届けることができますから、お互いに。

               
そこが、忙しい現代人が「続けられる」大きなポイントでもあるかな、と。
          
    
そういった理由で長年「メールでカウンセリング」にこだわってきたんですが、この16年の間にコミュニケーションツールもいろいろと進化を遂げているようなので、メールの利点を活かしつつ、より利便性の高い手段があれば、そういったものもとり入れる時期にきているかな。。。


と考えているところでございます。


そんなわけなので、よろしければ、ぜひあなたのご意見もお聞かせくださいませ。






メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
 
こんにちは。もみい里香です。


えっと、まずはアンケートへのご協力のお願いです。


時代は「withコロナ」ということで、リモートワークからWeb授業まで・・・あらゆる分野でオンライン化が進んでますよね。


オンラインということではすでに16年の実績を重ねてきた「NetSlimネットスリム」も、このコロナ禍の中、いろんなご要望をいただいておりまして。


これまでにもそういう転換期は何度もあったんですが、今度ばかりはさすがにいつもと違う状況のようなので、ようやく重い腰を上げて;新たな形式での展開も検討してみようかと思っております。


ということで、ズバリ!「ダイエットカウンセリングについて」のアンケートです。


アンケートはこちら



今後のカウンセリングの参考にさせていただきたいので、みなさまの貴重なお声をお聞かせいただけますと有難いです。


そんなコロナウイルスの感染拡大が始まってから、早や半年。


感染が怖くて行けてなかった歯のメンテナンスにまた通い始めました。


よくよく考えてみたら、歯医者さんってもともと感染症予防のプロフェッショナルなんですよね。(・・・と、感染症の専門家もおっしゃっていたので)


恐る恐る行ってみたら、なんか飛沫防止の新兵器なども導入されていて、とりあえず安心して通っていますw


なにはともあれ、体重を落としたければまず「お口の健康」からです。


このメルマガの読者さんはご存じのように、そもそも私自身「デ部」出身なんですが、そこ所属の頃は「口内環境」が著しく悪かったんですよね。


だって、


「朝から甘いものを食べる」

「カバンの中にはお菓子」

「間食のお供は清涼飲料水」

「寝る寸前まで飲み食い」

「磨いたつもりの歯磨き」

「痛くなってから行く歯医者さん」


という日々でしたから、無理もないですよね。


まぁ、時代も時代だったんですけど。


今は、いろんな情報を得ることができるため、人々の知識も意識もかなり上がってきているでしょう。


とりわけ“健康的なスリム美人”はお口の中まで美人です。


あるアンケートによると「美容を意識する人ほど口内環境も意識している」という結果が出ているそうです。


かと言って、大枚はたいてホワイトニングや歯列矯正を・・・って話ではありません。


体重を落としたければ、最低限


「よく噛める状態」


にしておいていただきたいんですよね。


体重を落とすために運動を頑張ってる人も多いですが、ダイエットを成功させるうえで必要不可欠な運動は「有酸素運動」より「無酸素運動」より


「そしゃく運動」


です!(・・・と私は確信しております。)


ウォーキングや筋トレができなくても体重を落とすことは可能ですが、ものを噛めなくなったらテキメン体重は増えてしまいます。


1本の歯の不具合が骨格やホルモン分泌に与える影響は想像以上に大きく、それが肩こりや頭痛、生理不順や生理痛など様々な体調不良の原因になることも。


とにかくびっくりするくらいからだのあらゆる機能に影響が及んでしまう「そしゃく運動」ですが、とりわけダイエット面における役割としては


■唾液の分泌を促す

■栄養の急激な吸収を防ぐ

■脳に満足感を与える


などがあります。


例えば、唾液の中には「やせるホルモン」がいっぱい含まれているんですが、その分泌量を比べると


昔の日本人:1.0~1.5L/1日

今の日本人:0.8~1.0L/1日


まで減っているそうです。


噛まずに食べられるものが増えたから、ですよね~きっと。


ドリンクタイプの「置き換えダイエット」や「スムージーダイエット」などの経験者に大幅なリバウンドが見られたり、歯を治療中の方が硬いものを噛めずに体重を増やしてしまったり・・・といった現象も「そしゃく運動不足」が影響していると考えられます。


また、よく噛むことでものを食べる時に使われるエネルギー(食事誘導性熱代謝量)も数倍UPすると言われていますので、当方のカウンセリングでは(ひと口につき)


「30回噛むと標準体重」

「50回噛むと美容体重」

「100回噛むとモデル体重」


と、はっぱをかけております。笑


さらに「よく噛んで食べる」ということはお顔のストレッチにもなり「むくみの解消」や「小顔効果」「二重アゴ防止」といった副産物までもたらしてくれます。


そんな「そしゃく運動」を起こせるのも「お口の健康」あってのこと。


そのために私が最も重要視しているのが


「歯間ブラシ」


です。


なぜなのか・・・ってことは、長くなるので下記の過去記事をご参照ください。



「せっかくキレイにしたお口の中を汚したくない」という心理は間食防止にも効果絶大なので、やめられない間食にお悩みの方はぜひお試しください☆


メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
 
こんにちは。もみい里香です。


最近、とある企業にお邪魔した時の話です。


そこは(リモートワークが難しい職種で)多くの若い方達が朝から晩までパソコンに向かってお仕事に励んでおられるんですが、どうも気になったのが


「ものすごーーーく太ってる人」が多い。


ごめんなさい、職業柄どうしてもそこに目がいってしまうんですけど。


“太ってる人”が多い、ではなく“ものすごく太ってる人”が多いのです。


それも1人や2人ではなく、結構な割合で欧米人レベルに近い肥満体型の方がいらっしゃる。


これも食生活をはじめとするライフスタイルの欧米化のせい?


ただ単に若いから?


それとも職種の問題?


いろいろ原因を考えてみたんですけど・・・


もし、私がダイエットカウンセラーとして彼女(彼)から何かアドバイスを求められたら何と答えるだろう?


という風に問題を置き換えた時に、真っ先に浮かんだ言葉が





「ちゃんと食べなさい」





でした。


体重増加にはいろんな要因がありますが、確実に言えることは、体重は


「アンダーカロリー( 摂取カロリー < 消費カロリー )」


の時に落ち、


「オーバーカロリー( 摂取カロリー > 消費カロリー )」


の時は落ちない、ということです。


つまり“食べても太らない人”は存在しても“太っている人は必ず食べている”のです。


でも、体重が増えてしまった人ほど「そんなに食べてないのに」とおっしゃいます。


そう、確かにそんなに食べていないんです。


でも、そこで「何を食べているか」が重要でして。


例えば、ある2人のランチの内容を比較してみると・・・


【Aさん】
・メロンパン1個       
・果肉入りヨーグルト1カップ 
・カフェラテ1杯 


【Bさん】
・ご飯1膳
・豆腐とワカメの味噌汁
・アジの塩焼き
・大根おろし
・ヒジキの煮物
・小松菜のお浸し
・りんご1/4個


この2人の食事、一体どちらが「太る食事」だと思います?


このメルマガの読者さんならおわかりのように、答えは


「Aさん」


です。


忙しい人にありがちな“とりあえず空腹を満たす”ための典型的なコンビニメニューですが、これには「太る要素」満載です。


まずは「カロリー」


Aさん:約600kcal

Bさん:約450kcal


と、品数も少なく一見ストイックに見えるAさんの食事の方が、いろいろ食べてるBさんより「おにぎり1個分」くらいカロリーが多いのです。


しかも、Aさんのメニューは「噛む回数」が少なくて済みますので、おそらく満腹中枢が働く前に全部胃の中に納まってしまうでしょう。


そうすると満足感が得られず、もし他にもっと食べる物があれば、きっとそれまで手が伸びてしまいます。


また、主食の「パン」は空気をたくさん含んでいるため正味が意外と少なく、カロリーの割に腹持ちがよくありません。


しかも、炭水化物と乳製品のみの食事では「栄養不足の栄養過剰」というアンバランスな状態となり、脳は“足りない何か”を求めて次の食べ物を探します。


これが「間食」の原因となります。


一方、Bさんのような食事は、噛む回数も多いので満腹中枢もしっかり働きますし、「炭水化物」「タンパク質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」の五大栄養素が相互に作用し、代謝機能もスムーズに行われます。


さらに“第6の栄養素”と言われる「食物繊維」までたっぷり含まれているため、糖質や脂質の急激な吸収が抑えられ、より太りにくい体内環境が整います。


これこそが



「しっかり食べてやせる」



という究極のダイエットです。


今ではコンビニメニューも日々進化していて、Bさんのようなメニューだって全て揃えられて15分や20分で食べることも可能です。


1日24時間の中でそのたった15分、20分の時間が確保できないとすれば、その生き方は何かがおかしいと思った方がいいです。


ちゃんと食べて間食や甘い飲み物が必要なくなるだけで2kg、3kgは落ちますし、3kg落ちてはじめて見える世界もありますので、それを知っていただくためにも、まずは


「ちゃんと食べなさい」


って言ってあげたいかな。


・・・なんてことを思いながら、帰りのエレベーターに乗ったダイエットカウンセラーでした。



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


このページのトップヘ

見出し画像
×