アーカイブ

2020年09月

カテゴリ:
  
こんにちは。もみい里香です。


9月に入って一気に季節が進んだ感じですねぇ。


「食欲の秋」みなさまいかがお過ごしでしょう。


このあと連休も控えていますし、多くの誘惑に戦々恐々のダイエッターさんも多いのでは???


ただでさえこの時期は“海の幸”に“山の幸”そして“季節のスイーツ”と美味しいものがてんこ盛りで、ダイエッターさんにとっては悩ましいシーズンでもありますよね。


そんな中、


「食べても食べてもお腹が空くんだけどー」


なんてお悩みをお持ちの方、いらっしゃいませんか?


いや、この時期に限らず一年中・・・というお声も聞こえてきそうですけどw


実は、




「たくさん食べると逆にお腹が空きやすくなる」




という不思議な現象があること、ご存じでしょうか。


まず、そういうお悩みをお持ちの人ほど、その食生活は「糖質」に偏りがちな傾向にあります。


特にこの季節は果物やお米、スイーツなどなど・・・美味しいものほど糖度高めですからね。


そういったものを食欲の赴くまま食べていると、血液中の糖の濃度(血糖値)がぐんぐん上昇し「高血糖状態」になります。


血液中に必要以上の糖が滞在している状態は血管にとって大きなダメージとなりますから、からだは火消し役として血糖値を下げる働きのホルモン


「インスリン」


を分泌します。


摂取する糖質の量が増えれば増えるほどインスリンの分泌量も増えるため、急上昇した血糖値が今度は急激に下降します。


その結果、体内は逆に「低血糖状態」となり、


「糖質を食べれば食べるほど逆に血糖が下がる」


という逆転現象が起きてしまいます。


通常、食欲というものは、血糖値が上がることで脳から満腹指令が出て「あーお腹いっぱい!」とおさまるわけですが、火消し役のインスリンが活躍し過ぎて低血糖状態になると、お腹いっぱいであるにも関わらず満腹指令が出ないということに。


それどころか、食べれば食べるほど血糖が下がるため、どんどん空腹感が増し


「食べても食べてもお腹が空く」


という食べ過ぎのスパイラルに陥ってしまうわけですね。


当然体重は増える一方です。


そうこうするうちに年間最大の鬼門「忘年会シーズン」「年末年始」がやってきますので、そこで一気に最高体重を更新・・・!!


なんてオソロシイ状況にならないためのコツを、今日は2つお教えしておきましょう。


------------------------
◆15分ルール
------------------------


これは糖尿病治療における血糖のコントロール法にヒントを得たもので、具体的には


「糖質15gを摂取して15分待つ」
  ↓
「それでもまだ空腹であれば、さらに15g摂取する」


という風に“あいだに休憩をはさむ”ことで血糖値の急上昇を防ぎます。


「15gの糖質」というと、ざっと


・ご飯:子供茶碗半膳弱(約40g)

・食パン:6枚切り半分(約30g)

・パスタ(ゆで麺):付け合わせ程度(約50g)

・さつまいも:1.5cm幅(約40g)

・りんご:中1/3個(約100g)

・みかん:中1個(約100g)

・プリン:1個(約100g) 


くらいになりますが、今はほとんどの食品に糖質量が記載されてますので、その都度パッケージの成分表示などで確認してみてください。


------------------------
◆主食の量を少~し減らしてみる
------------------------


主食の量を最低限必要な量までそぎ落とすと(最初は物足りないかもしれませんが)不思議と空腹感が弱くなり、徐々に“その量でも大丈夫”になってきます。


これ別に胃が小さくなったわけではなく、血糖値の上昇率が小さいためインスリンの分泌量や血糖の下げ幅も小さくなり、必要以上の空腹感に襲われることがなくなるというわけです。


ただし、「炭水化物ゼロ」では逆効果です。


その理由は過去記事▼リバウンドの「敵」と「味方」▼をご参照ください。


以上2つのコツと


「腹八分目の方がお腹が空きにくい」


ということを頭の隅に置いていただきつつ、誘惑いっぱいのこの季節も上手にクリアしていただきたいと思います。


連休中のヒントはTwitterの方でお届けしますね☆


メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
  
こんにちは。もみい里香です。


「過去最強の台風」に始まった今週はなぜかTwitterをのぞく暇もありませんでした。。。(あ、台風の方は大丈夫でした!)


少し前にTwitterの方でこんなご相談をいただいておりましたので、今日はその件についてお答えしたいと思います。


----------------------

いま、ノンアルの種類が豊富ですよね
さらに、カロリーゼロのものがたくさん出ていますが、本当に信じて良いのでしょうかー?
最近は夜ご飯の時にプシュっと缶を開けて飲む頻度が上がってしまいまして…
なるべくカロリーゼロのノンアルを選んでいます。

----------------------


ご相談は「アルコール」に関する内容ですが、今や食品分野においても「カロリーゼロ」や「カロリーオフ」を謳った商品が花盛りですよね。


少しでも罪悪感を減らしたい、でも何を選べばいいのか、とお悩みのダイエッターさんも多いことでしょう。


結論から言いますと、ご相談にあるような「カロリーゼロのノンアル」であれば、カロリー的には問題ありません。


ただ、必ずしも「カロリーゼロ=0kcal」とは限らないですけどね。


ややこしいことに、日本の法律では、


・100mlあたり5kcal未満の場合→「カロリーゼロ」

・100mlあたり20kcal未満の場合→「カロリーオフ」

・100mlあたり40kcal未満の場合→「低カロリー」


と表示できるようになっていますので。


低カロリーの飲み物でも500ml飲むと全然低カロリーではなくなってしまう、ってことはわかっておいてください。


あと、一見ノンアルコール風のものでもアルコール0.9%のものがあったりするんで、妊婦さんや授乳中の方、ドライバーさんは要注意です。


これも日本の法律で、アルコール分1%未満の飲料は酒類ではなく「清涼飲料水」として扱われていますので。


その辺さえ気をつけていただければ、ゼロカロリー食品(飲料)はダイエッターさんの強い味方のように思えますが・・・


“カロリーだけの問題ではない”ところにダイエットの難しさがありまして。


そもそも体重が増えるということ自体、代謝機能に何らかの問題があるから起きてる現象、だと私は思っているんです。


人間が本来持っている機能が正常に働いていて、普通のレベルで食べていればそんなに体重が増えることはないはずです。


その正常な機能を狂わせるのが、現代で言えば「人工甘味料」「香料」「着色料」「酸化防止剤」などの添加物とか。


こういった物質や製法がどんどん開発されて、アルコールも入ってない、麦芽もビール酵母もホップもない「ビール味のジュース」などが完成するわけです。


それも(100歩譲って)たま~にならいいですよ。


私が最も問題視するのは



「習慣になること」



です。


「カロリーゼロのノンアルなら」と人工甘味料やその他添加物入りのものを毎日飲み続けていたら・・・


体内の(限りある)酵素がそれらの解毒のために浪費され、本来使われるべき代謝用の酵素が足りなくなり、結果、代謝機能が低下し体重が増えることに。


「いろいろと気をつけてる割に体重が減らない」


なんてお悩みの原因は意外とそういうところにあったりします。


酵素不足の弊害は「体重」のみならず「体調」や「お肌」などなど・・・いろんなところにおよびます。


でも「たま~に」ならいいんでしょう?


と思われた方、それだったら「ビール味のジュース」より「本物のビール」を飲んだ方がよくないですか?


ということで、私自身もビールを楽しむ時はアルコール度数がっつり5%以上の「本物」派です!


ただし、アルコールには“食欲を増進する効果”や“一緒に食べたものの吸収を高める働き”がありますので、気をつけるべきは、実はお酒のカロリー云々より


「一緒に食べるもの」


のカロリーだったり、糖質だったり、脂質だったり。


どちらかと言えば、そちらの方が体重増加の原因となりやすい、ということを頭に入れてお楽しみいただければと思います。


揚げ物、炒め物はもちろん、マヨネーズやケチャップなどの高カロリー調味料にもご用心!ですよ(ケチャップの糖分はアイスクリーム以上なので)


 
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
 
こんにちは。もみい里香です。


「過去最強クラス」とか「特別警報級」とか・・・


もう考えられる最大級の警告を伴って台風10号「海神」が近づいていて(名前からして)ものすごく怖いんですけど。。。


唯一の救いは「台風は準備可能な災害」ということ。


気象庁が事前にここまでの呼びかけを行うというのはちょっと記憶にないので、自分の身は自分で守るべく最大限の対策をしなくては・・・!(対策は今日のうちに!だそうです)


ということで、今回は準備していた記事は次回に回して、台風シーズンの


「ダイエット面における三大警告」


をお伝えしておきたいと思います。


昨年も同じ時期にお伝えしてますが、初めての方も二度目の方も“ムダな挫折を防ぐために”頭の隅に置いておいてくださいね。


*************************


■「低気圧」の影響


今回の台風、現時点で925hPaと、昨年千葉県に甚大な被害をもたらした台風よりもさらに低い気圧で日本列島に接近していて、これがさらに発達する見込みのようです。

気圧が下がると、普段圧力をかけられていた血管や臓器が膨張することで循環が悪くなったり関節の動きに支障が出たり・・・

その結果、「頭痛」「眠気」「倦怠感」「関節痛」などの不調があちこちに現れることに。

ダイエット的にも体内の循環不良や発汗不足による「むくみ」

さらに不安定な気候による「自律神経の乱れ」や「代謝機能の低下」

と、体重が落ちにくい条件が重なります。


■「大潮」の影響


しかも、今月は頭から「大潮」に突入しています。

大潮とは、海水の満ち引きのサイクルに関する言葉で。

海の水は月の引力に引っ張られて満ち引きを繰り返しているんですが、なかでも「満月(や新月)の前後数日間」に海面の高低差が最も大きくなります。

その時がいわゆる「大潮」となります。

そんな月の引力の影響を受けているのは海の水だけではなく。

約6割が水でできてる私達のからだも、がっつり月の引力の影響を受けています。

「満月や新月の日にお産が多い」とか「(自然死の場合)引き潮に亡くなることが多い」という言い伝えは古くからあり、「満月の夜に交通事故が増える」なんて都市伝説もあるくらい。

「なんだか気分が上がらない」とか「心身ともにスッキリしない」といった時にカレンダーを見てみると「大潮」だったなんてことは実際によくあることです。

とりわけ満月の時期(今月だと9/2)は、からだが栄養や水分を溜め込むため体重も落ちにくい状況となります。

今回はその大潮と台風が重なるので、それ相応の覚悟が必要です。


■「防衛本能」の影響


精神的な不安や体調不良など心身にストレスがかかると、からだはそれを柔らげ精神を安定させる「セロトニン」という神経伝達物質を求めます。

このセロトニンの生成&分泌には「糖質(ブドウ糖)」が必要なため、そういう状況下では甘いものや炭水化物、アルコールなどの糖質に手が伸びがちです。

これは、大きな災害の前後にもよく見られる行動パターンで

「異常時の正常な行動」

と言えます。

一種の防衛本能なので、自己嫌悪に陥る必要はありません。

そこから暴飲暴食癖が定着してしまうことのないよう、そのメカニズムを頭で理解しておくことが重要です。


*************************


以上がこの週末に向けての「ダイエット面における三大警告」です。


いずれも一時的な現象で台風通過後にはウソのようにスッキリしますので、体重が落ちなくとも体調が優れなくとも「慌てず」「焦らず」「落ち込まず」冷静に対処してくださいね。


何はともあれ、この週末はダイエットよりも身の安全の確保を最優先で!



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


このページのトップヘ

見出し画像
×