アーカイブ

2020年10月

カテゴリ:
  
こんにちは。もみい里香です。
  
  
10月31日はハロウィンですね。
  
  
11月に入ると忘年会、12月はクリスマス、そして1月のお正月・・・
  
  
と、例年ならば年間最大のイベントシーズンに多くのダイエッターさんが戦々恐々の日々をお過ごしだったわけですが、コロナ禍真っただ中の今年はどうなんでしょう?
  
  
イベントや外出は減ったものの、長引く自粛生活による「ストレス食い」や「お取り寄せ三昧」で逆に体重が増えちゃった・・・なんて人もいらっしゃるのでは?


特にこの週末は「大潮」に突入しますので、いきなり増えた体重計の数字にギョッとされる方も多いかも。(心の準備しといてくださいw)


そんな体重増加の際に、ついやってしまいがちなのが、


「体重増えたから、1食抜いとこう」


といった“食べないダイエット”による帳尻合わせ。


確かにそれでその日の体重は少し減りますからねー


でもそれも一瞬のこと。


いつも通りに食べたらまた元通り・・・なんて経験ありませんか?


そう、食べずに落とした体重は食べた時に必ず戻ります。


それどころか、そういうことを続けてるとそのうち


「食べてないのに体重が1gも落ちなくなる」


という世にも恐ろしい結末に・・・!


なぜそんなことになるのか。


実は、体重を落とそうと思って食べなかったものの中に体重を落とすために必要な役者がいっぱいいるから、なんです。


からだや脳のエネルギーのもととなる「炭水化物(糖質)」


細胞膜やホルモンの原材料となる「脂質」


体温を上げて代謝を上げる「タンパク質」


それらをうまく機能させるための「ビタミン」「ミネラル」


こういった役者(栄養素)がそれぞれ相互作用することで“脂肪を燃焼しやすい体内環境”ができていくから「しっかり食べてる割には太らない」のです。


そういったプロセスなしに体重を落とすのは、ただただ不健康なだけ。


そればかりか、からだは(防衛本能により)ちゃ~んと減らした摂取カロリーに合わせて「省エネモード」に切り替えてきます。


つまり、基礎代謝や体温、血圧まで一緒に下げてしまうために「食べてないのにやせない」という事態に。


目先の体重を減らすためにとった安易な方法が、取り返しのつかないからだを作ることにもなりかねません。


そんな恐ろしいことにならないためには、食べ過ぎ&飲み過ぎでとり過ぎたカロリーの帳尻合わせは


「摂取カロリーを減らす」→✖

「消費カロリーを増やす」→〇


が鉄則です。


何度も言うようですが、


「10,000kcal食べても10,001kcal消費すれば絶対に太ることはない」


ので。(この言葉だけ心に刻んでおいてくださいね!)


その他、思いついたヒントはその都度Twitterの方でお伝えしていきます



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


  
こんにちは。もみい里香です。


「リバウンドのないダイエット」を成功させるためには「食事」と「運動」だけでなく


「睡眠」


が大きな鍵を握っている、ってことご存じでしょうか。


お心当たりの方も多いかと思いますが、睡眠不足が続くとそれに伴って体重の方もぐっと落ちにくくなってしまいます。


その理由や対策についてはこれまでもこのメルマガでお伝えしてきましたが、最近ふと気づいたことが。


きちんと寝た日の翌日に快腸だったり体重が減ったりするのって、睡眠中に自動的に「胸式呼吸」→「腹式呼吸」に変わってることも少なからず影響しているんじゃないかと。


誰もが無意識に行っている呼吸ですが、簡単に言うと


【胸式呼吸】息を吸う時にお腹がヘコみ、息を吐くときにお腹が膨らむ
【腹式呼吸】息を吸う時にお腹が膨らみ、息を吐くときにお腹がヘコむ


とほぼ真逆の2種類の呼吸法がありまして。


一般的に、起きてる時は「胸式呼吸」寝てる時は「腹式呼吸」に切り替わります。(そうじゃない場合もあります。)


この「腹式呼吸」、実は健康維持やダイエットに“メリットしかない”隠れたスゴ技でもあるのです。


例えば、


■便通の改善

胸腔と腹腔を仕切る膜状の筋肉(横隔膜)を上下に動かす腹式呼吸を行うことで腹圧が高まり胃腸に刺激が加わる。

刺激された胃腸の消化機能が活発化し便通が改善される。


■基礎代謝UP

お腹を大きく膨らませたりヘコませたりする呼吸法によりお腹周りの筋肉が鍛えられる。

「やせる体質」「太る体質」を決定づける基礎代謝は筋肉の量に比例するため、からだの中でも特に大きな筋肉(腹筋)にアプローチすることは基礎代謝UPの近道ともなる。


■ぽっこり下腹の解消

腹式呼吸には腹横筋などのインナーマッスルや大胸筋などのアウターマッスルといった「体幹」を鍛える効果がある。

“天然のコルセット”と呼ばれる体幹を鍛えることで、背骨や骨盤、そして前に出ていた内臓が本来あるべき正しい位置に戻れば、ぽっこり下腹の解消にもつながる。


これらはいずれもダイエットカウンセリングのクライアントさんのご報告に基づいた「腹式呼吸によるダイエット効果」の一例ですが、他にも・・・


“天然のコルセット”により腰痛が改善されたり、


血流が良くなることで冷えが改善したり、


“幸せホルモン(セロトニン)”の分泌が促進されリラクゼーション効果が認められたり、


それにより寝つきや睡眠の質が良くなったり・・・


なによりも!


腹式呼吸を行うことで副交感神経が優位になり、その結果免疫機能に関与したリンパ球も増加するそうで、このコロナ禍において最も求められる「免疫力」を高める効果も期待できるんだとか!


日頃誰もが無意識に行っている「呼吸」という行為。


これをあえて「意識して行ってみる」ことで、健康の面でもダイエットの面でも大きなアドバンテージを得ることができそうです。


唯一のデメリットは「慣れていないこと」


腹式呼吸が苦手な人は、まず「お腹をヘコませながら息を吐ききる」ところから始めるとやりやすいですよ☆


悪いものを腹の底から追い出すイメージで、ゆーーーっくりと吐ききったら、今度はお腹を膨らませながらゆっくりと新鮮な空気を吸い込んでください。


これなら仕事中でも電車の中でも信号待ちの時でも・・・いつでもどこでもできるメソッドなので、思いついた時に数分間、1週間続けるだけでもお腹周りには効果が見られます(ホントです)


ぜひ試してみてくださいね!


他にも新たな気づきがあったら、その都度Twitterの方でお伝えしますのでお楽しみに~

  

メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
      
こんにちは。もみい里香です。


前回のメルマガで「夕食のパスタは太る」というお話をしましたが・・・


じゃあ、何がおすすめなの!?


といったお尋ねへの答えをこちらでシェアしておきますね。


その前に。


なぜそこまで「夕食」にこだわるのか。


それは、


「夕方以降の摂取カロリーが1日の総摂取カロリーの40%を超えると太る」


という説があるのと、実際に長年のカウンセリング経験から“夕方以降に食べたものは確実に身につく”ということを私自身が痛感しているからです。


生物学的にも、夜は吸収をつかさどる副交感神経が優位に働くため体内が「吸収モード」になることが証明されていますし、そもそも1日の最後の食事では摂取したカロリーを消費する時間があまりありません。


そればかりか、体重を落とすために必要な体内での重要な作業(修復や代謝など)は就寝中に行われるんですけど、夕食に食べたものの処理に時間や手間がかかると、どうしてもそちらがおろそかになってしまいます。


その結果、体重が落ちにくいとか老化が進むとか・・・悩ましい状況に陥りがちです。


さらに、ヘビーな夕食により内臓が疲労することで朝ご飯が食べられず、1日中代謝のスイッチが入らないというケースも。(そんなに食べてるわけでもないのにやせない、という人ですね。)


そんなこんなで「夕食に食べるもの」で翌日以降の体重は結構左右されるものなのです。


そういうことをわかっていれば、自ずと「夕食に食べるべきもの」の答えは出てくるはず。


つまり、


・ローカロリーなもの

・消化・吸収に余分な酵素を要しないもの


ということで、健康的にウツクシク体重を落としたいダイエッターさんの夕食のメニューには、カロリーが低く消化酵素たっぷりの「刺身」や「鍋物」がおすすめです。(加熱や加工を重ねた食品は消化・吸収のために大量の酵素を必要とするため、代謝用の酵素が不足してしまいます。)


※ただし、これらのメニューの落とし穴は「塩分」なので、お醤油のつけ過ぎやお鍋の味付けには十分気をつけてください。


就寝時刻までにあまり間がない場合、(私はそのまま寝ちゃいますけど)どうしても何か食べたかったら、それ自体に消化酵素があり熟した時にはもう消化が済んでる状態の「果物」で空腹をしのいでいただくのが賢明です。


スムーズに体重を落としたければ、


「可能な限り胃袋を空っぽにして寝て朝ご飯を楽しみに起きる」


これが鉄則です。


他にもおすすめのメニューを思いついたらTwitterの方でお知らせしますね☆


  
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
  
こんにちは。もみい里香です。


先日、クライアントさんからのメールに思わず膝を打つご報告が。


> 娘がミートソースパスタが好きで、夕飯にそれを作って食べた日がありましたが、次の日の体重が減りません。
> パスタってやはり太る料理なんですね・・・


そうなんです!


私の中でもパスタは夕食の要注意メニューの1つでもありまして。


カロリーだけ考えれば、ステーキやトンカツの方が高カロリーで体重増えそうなイメージですけど・・・


翌日の体重計でギョッとする確率は意外にもパスタの方が高かったりするんです。


これ、このメルマガでもよく言ってる


「カロリーだけの問題ではない」


ところにダイエットの難しさがある、ってやつです。


(素材や調理法にもよりますが)パスタの場合、往々にして「糖質(麺)」や「脂質(オイル)」が多くなりがちです。


一方で少なめなのが「食物繊維」と「タンパク質」


野菜類や海藻類に含まれる「食物繊維」にはお通じを良くする働きのみならず、糖質や脂質など“体重増加につながりやすい栄養素”の吸収を遅らせる働きがあります。


おにぎりやラーメンだけを食べた時に比べると、サラダを一緒に食べた時の方が吸収が遅く腹持ちがよかった、という経験ありませんか?


もう1つの「タンパク質」は、基礎代謝を左右する筋肉のもとになったり維持したり・・・やせやすいからだを作るうえで必要不可欠な栄養素です。


それだけではなく、実は、食べる時に使われるエネルギー(食事誘導性熱代謝量)が他の栄養素に比べるとケタ違いに大きく、実質的なカロリーは摂取カロリーの約70%まで目減りします。


つまり、


「食べることでエネルギーを使う栄養素」


でもあるんですね。


そのため、糖質や脂質メインのパスタよりタンパク質メインのステーキの方が太りにくかったりするんです。


それだけではありません。


パスタには「食物繊維」や「タンパク質」意外にも不足しがちなものがあります。


それは


「そしゃく回数」


パスタをはじめとする麺類は(「ノド越し」なんて言葉もあるように)あまり噛まずに飲み込んでしまう傾向があります。


本来前菜的な位置づけのパスタも日本の家庭ではメイン料理として大皿に盛られるケースが多いため、つるつるつるつる食べてると、いつの間にか結構な量を食べてしまうことに。


ただでさえ高糖質&高脂質のパスタを“あとは寝るだけ”というタイミングで胃袋の容量いっぱい食べてしまうと


「夕飯にパスタを食べた次の日体重が減らない」


なんて現象に遭遇してしまうわけです。


お心当たりのある方は、今後パスタを食べる際には


・なるべく早い時間に食べる

・パスタの前に野菜を食べる

・あらかじめ食べる量を決めて盛り付ける

・よく噛んで食べる


といった工夫をしてみてください。


きっと次の日体重計の上でガッカリする確率が激減します。



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  

  

カテゴリ:
  
こんにちは。もみい里香です。


あっという間に10月、怒涛の2020年もカレンダーをあと3枚残すのみとなりました。


ダイエッターさんにとっての年間最大の鬼門「年末年始」も目の前ですね。


ということで、今回はダイエットカウンセリングに関するお知らせです。


ダイエットカウンセリング「NetSlimネットスリム」では2004年から16年以上メールのみでカウンセリングを行ってまいりましたが、7月に実施した「ダイエットカウンセリングについて」のアンケートでのご要望にお応えし、今月より



「LINEでのカウンセリング」



にも対応させていただくこととなりました。


これにより、今ではすっかり主流となっているコミュニケーションツール「LINE」のアカウントでもダイエットカウンセリングを受けていただくことができます。
※カウンセリングの内容や進行方法などはメールでのカウンセリングと全く同じです。


▼ダイエットカウンセリングの詳細はこちら


加えて、同アンケートの中で


「自分に合うか合わないかわからないのに1万円以上出費するのは厳しい」


といったご意見もありましたので、今回新たに



「2週間のお試しコース」



も増設いたしました。(メール、LINEどちらでも


****「お試しコース」とは****


「体質チェックフォーム」にてご申告いただいたデータをもとに

◆現状の査定結果

◆減量可能なkg数

◆体重増加の原因

を含めた分析結果をご報告したうえで、そのあと【2回分】のカウンセリングを体験していただきます。(こちらも正規のカウンセリングと同じ内容、同じ進行方法となります。)

「お試しコース」のカウンセリング料は「5,000円」期間は「2週間」です。(数日延びることもあります。)

そのままカウンセリングの継続を希望される場合は、お試しコースのカウンセリング料(5,000円)を差し引いた差額をお支払いいただくことで、ご希望のコースへの振替も可能です。


*************************


「LINEでのカウンセリング」も「2週間お試しコース」も私自身初めての試みとなりますので、カウンセリングコースの方も以下の通りに変更させていただきます。(メールでもLINEでも同額です)


■2週間お試しコース:5,000円

■2ヶ月減量コース:25,000円

■3ヶ月減量コース:30,000円

■6ヶ月減量コース:50,000円

■体質改善ダイエット・3ヶ月コース:75,000円

■体質改善ダイエット・6ヶ月コース:140,000円


※いずれも少人数の定員制となりますので、応募状況によりお申込みをお受けできない場合があります。その旨悪しからずご了承ください。


専用のお申込みフォームにて「お試しコース」や「ご希望の受講媒体」をお選びいただけるようになっておりますので、ご希望の方はそちらからお申し込みください。







以上、ダイエットカウンセリングに関するお知らせでした。


その他ダイエットカウンセリングに関する詳細については、下記参照ページも参考にしていただけますと幸いです。

メルマガの方では次回からまたダイエットのヒントをお届けしていきますので、どうぞお楽しみに☆(Twitterの方でもボチボチ情報発信しておりますw)



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


このページのトップヘ

見出し画像
×