カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


先日受けたご相談。


Aさん「夜、炭水化物をとらないようにしてるんですけど、体重が全然落ちないんです。」


もみい(あ、出た!“よくある質問”)「ご飯を食べないのってツラくない?」


Aさん「ツラい。。。」


もみい「それがイケナイんだわ~」


Aさん「それで開き直って普通に食べてみたら、なんと2kg太っちゃって・・・!」


あぁ~~~「炭水化物抜きあるある」です。


炭水化物をなめてはいけません。


一度やめた炭水化物を再び復活させた時のリバウンド幅って半端じゃないんだからー


そのため、炭水化物とは一度お別れしたらもう二度と会わないくらいの覚悟が必要なんですけど・・・


このお米大国のニッポンでそれを貫くのは容易なことではないでしょう?(おつきあいとかもありますし)


しかも「炭水化物」とは糖質と食物繊維の複合体で、そのうちの「糖質」は脳の貴重なエネルギー源でもあります。


中でも、お菓子に含まれる砂糖(少糖類)や果物に含まれる果糖(単糖類)と違って、穀類やイモ類に含まれる「多糖類」は甘みも少なく吸収率や血糖値の上昇速度も遅いので、むしろダイエットには好都合の糖質とも言えます。


そんな糖質の量が、ある一定量まで届かなければ脳にとっては「絶食」と同じ状態になります。


そうすると、いくら肉や野菜を食べたところで、常に「ツラい」という思いがつきまとい、食べ物のことを考える割合が増え、ついには「脳ストレス」が爆発し、炭水化物や甘いもののドカ食いへと・・・


その結果、血糖値が急上昇し「高血糖状態」になります。


高血糖の状態は血管に大きなダメージを与えますから、生命の危機を感じたからだは血糖を下げるホルモン(インスリン)をせっせと分泌します。


それにより血糖値が急降下し、今度は「低血糖状態」へと。


この血糖値の下げ幅が大きいほど脳の反応も大きく、強烈な空腹感を感じるため


「食べても食べてもお腹が空く」


という食べ過ぎのスパイラルに陥り、あっという間にリバウンド・・・という流れになるわけですね。


だから、脳を怒らせてはいけないんですよ。


脳にストレスを溜めないためには「1日に最低180gの糖質」が必要です。


100gあたりのご飯には約37g、食パンには約44gの糖質が含まれていることを考慮しますと、子供茶碗1膳分のご飯を3回食べて約110gの糖質摂取となります。

 
しかも、からだが1回に蓄えることのできる糖質の容量には限界があり、それを超えた分は(あろうことか!)“脂肪”に形を換えて備蓄されてしまうので、体重を増やさずに上手に糖質を補給するには


「1日3回に分けて食べる」


のが最もリスクが少ないのです。


そう考えると「夜だけ炭水化物を食べない」という行為が実は体重を増やしているかもしれない、ってこと。


おわかりいただけるのではないでしょうか。


ホント、ダイエットってカロリーだけの問題ではないんですよね。


今年も新米が美味しい季節がやってきましたが、炭水化物とのつきあい方は、


「FEWER(少なめに)、SLOWER(ゆっくり)、LATER(なるべくあとに)」


がコツ、ってこと頭に入れておいてくださいね(ゼロはダメよ~)



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットカウンセラーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 NetSlim All Rights Reserved.