こんにちは。もみい里香です。

殺人的な暑さが続いております。

ついに気象の専門家からも

「もはやこれは異常気象ではなく平常」
「日本は四季→二季へ」

といった見解が示される事態に。

いよいよ私達も気候変動に合わせて暮らし方を見直す時がきたんですかねー

窓の外では相変わらず炎天下で部活に励む高校生の姿が見えますし、週末からは高校野球も始まりますけど・・・

いろんな行事やイベントも時代とともにアップデートすべきですよね。

TVでも連日熱中症のニュースが伝えられていますが、「体温」は体重を落とすうえでも重要なファクターとなりますので、今日はそのお話を少し。

人の体温には

【皮膚温】手足などからだの中心から離れたところの体温
【深部体温】脳や臓器などからだの中心部の体温

の2つがあります。

健康な状態では深部体温は皮膚温よりも0.5度から1度ほど高く、37度前後に保たれています。

その深部体温が上がりすぎてからだに様々な不具合が生じるのがいわゆる「熱中症」ですが・・・

これ、一体どれくらいの深部体温でそうなると思います?

39度とか40度とか???

答えは


「37.5度」


え、たったの0.5度!?

そうなんです。

私達人間は“たったの0.5度”臓器の温度が上がっただけで全身のけいれんや意識障害などとっても危険な状態に陥ってしまうんです(オドロキですよね!)

なので、この時期の外出など危険な暑さが予想される状況では深部体温を意識的に下げる工夫が必須です。

かと言って、キンキンに冷えたドリンクやアイスクリームばかり掻っ込んでいたんでは肝心のダイエットが上手くいかなくなってしまいます。

カロリーはもちろんのこと、今日のテーマは「体温」です。

体温が1度下がると基礎代謝は10%低下すると言われてますし、エネルギー代謝に必要不可欠な酵素の働きも体温が1度下がると50%低下するそうなので、からだが冷えすぎると「やせにくい体内環境」になってしまうわけなんです。

例えば、体温が36.5度の人と35.5度の人とでは、同じものを食べていても後者の方が太りやすいってことですね。

健康面においても、体温が1度下がると免疫力が約30%低下することがわかっていますし、胃腸の働きも鈍くなるため便秘や下痢に悩まされたり。。。

しかも、胃の温度が1度下がると、その1度を戻すまでには4~5時間かかるんだとか。

冷やすのも温めるのも加減が必要、ってことで体温調整がとっても難しいこの時期。

それで体内リズムが狂って体重が落ちにくくなってるダイエッターさんも少なくありません。

そこで、今日は冷えすぎずに深部体温を適温に保つ方法を1つご紹介しておきますね。

それは

「手のひらを冷やす」

手のひらには「AVA血管」という体温の調整を担う特殊な血管があります。

そこを保冷剤などで冷やしてあげると冷えた血液が大量に全身をめぐるため、わきの下や鼠径部を冷やすより素早く深部体温を下げられるそうです。

AVA血管は足の裏やほっぺたにもありますが、外出中などの対策としては冷やしやすい「手のひら」がベストです。

ただし、これも冷やしすぎると血管が収縮して逆に血流が悪くなる恐れがあるので、ハンカチで包んだ保冷剤や冷えたペットボトルを握るのがおすすめ。(手のひら冷却用のサポーターもあります。)

たかが1度、されど1度。

「たった1度の差」で体重やからだの機能は全然違ってきます。

まだまだ厳しい暑さは続きそうですので、効率よく体重を落とすためにも健康維持のためにも上手に体温調節しながらお過ごしくださいね!


メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□

  
ダイエットカウンセラーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2023 NetSlim All Rights Reserved.