カテゴリ

カテゴリ:いろいろ部

カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


このメルマガでもよく言ってることですが、ダイエットって“一時的に体重を落とすイベント”ではないんですよね。


そう思ってる人はおそらく人生のほとんどを「ダイエットしてるかリバウンドしてるか」で過ごすことになります。


そもそも「ダイエット」の語源は古代ギリシャ語の「diaita(生活習慣、生き方)」なので“一生続けるもの”というのが正しい認識です。


と考えると、冒頭に掲げている私のモットー「頑張らないダイエット」「5年先も続けられる方法」の意味も理解していただけるのではないかと。


でなければ行き詰ってしまいますから。


ダイエッターさんの中にも「序盤にものすごい頑張りを見せる人」とか「必要以上に自分を追い込んでる人」を時々見かけますけど、そういう姿を見るたび


「途中で息切れしてしまわないかなぁ」


って心配になっちゃうんですよね。


それでプツッと糸が切れてヤケクソな生活に戻ってしまったんでは目も当てられないので、今日は“一生もの”としてなが~~~く続けていくコツを1つお伝えしておきますね。


それは




「3割許す」




ということ。


「0か100か」ではなく、3割差し引いた「70くらい(7割)」でいいんですよ。


車のブレーキも効き過ぎると逆に事故につながったりするでしょう?


そのためほんの少しの「遊び」が設けられているわけですが、ダイエットも同じで、テンション(緊張)がかかり過ぎると逆に危ういんですよね。


長続きさせるためにはほどほどの「遊び」が必要です。


そう、たまには「オキテヤブリ」してもいいってこと。


ということで、私もTwitterの方ではその「遊び」の部分をちょこちょこ暴露しています。


例えば、本来ならダイエット的には完全アウトな「甘い飲み物」


「2kgほど体重を落としたければ甘い飲み物をやめるだけでいい」


なんて説もあるくらいで、私も普段はまず口にすることはないのですけど・・・


ごめんなさい!毎年この時期これだけはスルーできないのです。




だって、「赤じそ」って1年のうち6~8月しか手に入らないんですよーーー!!


しかも、いつも作っていただいていた知人とコロナで会えなくなっちゃったんで、今年は初めて自分で作ってみました。(思っていたより簡単でビックリ!)


「レシピを教えて」とのリクエストもいただいておりますので、ここで初心者なりに厳選してまとめたレシピを腕まくりしてお伝えしてみたいと思います。


美味しすぎるので、くれぐれも飲み過ぎないよう気をつけてお楽しみください☆


********************************

◆◇しそジュース◇◆(今回は下記の半分の量で作りました)


【1】赤じそ(300g)は葉だけを摘んでしっかり洗って水気をきる。

【2】大きめのボウルで赤じその葉に粗塩(大さじ2)をまぶし10分ほど放置。

【3】しんなりしたら手でもんでアクを出し、最後にギュッと絞って汁を捨てる。

【4】流水でよく洗い、塩を落とし水気を絞る。

【5】鍋に【4】と水2リットルを入れて強火にかけ、煮立ったら弱めの中火で6~7分煮出す。

※煮出す時、青しその葉を3~4枚入れると風味がよくなるそうで~す。

【6】煮汁をザルで濾す。(ザルの上からゴムベラなどで葉を押しつけて最後の一滴まで絞りとる感じ)

【7】絞り汁を鍋に戻し、砂糖(350~800g←お好みで)を加えて弱火にかける。

【8】砂糖が完全に溶けたら火を止め、クエン酸(20g)もしくは酢(2カップ)を加え、よく混ぜて完全に冷ます。


出来上がったしそジュースは冷蔵庫で冷やして、水や炭酸水で割っていただきます。

煮沸消毒した瓶に入れて密閉すれば、冷蔵庫で6ヶ月ほど保存可能です。

※長期保存の場合は、砂糖が少ないとカビが発生しやすくなるので「水1リットルに対し250g以上」の砂糖を!(←胸が痛いわw)

粗塩を少し加えると「自家製スポーツドリンク」にもなります。

********************************


Twitterの方ではこういった“裏の情報”もこそ~っとお伝えしていきますので、よろしければのぞいてみてくださいね☆

▼Twitterアカウント「@netslim」


  
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


このメルマガ【不定期配信】となりまーす、とお知らせしておきながら毎週配信してますね笑


基本「Twitter」で情報発信、140文字で伝えきれない内容を「メルマガ」で、というスタイルに移行中ですが、メルマガ世代の私の読者さんにはTwitterを利用されてない方も多いみたいなので、忘れられない程度にこちらからもお邪魔しようかと。


ちなみに、Twitterの方では画像のお届けやちょっとしたご質問への対応も(可能な範囲で)行っております。


“Twitterのフォロワーさん限定のキャンペーン”なども予定しておりますので、Twitter未経験の方もよろしければこの機会にぜひ☆




さて。


早すぎる梅雨入りですっかり衣替えのタイミングが狂ってしまった我が家ですが・・・


いくら言っても(てか、言えば言うほど)片付けようとしない我が娘もさすがにスイッチが入ったようで。


急に断捨離を始めて大量のゴミ袋を出したかと思えば、こっそりと私の部屋に空のハンガーラックなんぞを押し込んできやがりました。


いや、それまで撤去したら服はどこに掛けるん!?


と押し戻そうとすると


「それがあるから、ついつい服を山積みして片付かないの!」


とのこと。


(ハンガーラックは服を積むものではない!というツッコミはこの際置いておいて)その答えにワタクシ思わずラックを押す手が止まってしまったのでした。


これ、日頃ダイエットカウンセリングの現場で常々感じていたことに、とっても通じるものがあるんですよね~


それは、




「自分を知る」




ということ。


片付け苦手な娘は


「なぜ自分の部屋が片付かないのか」

「自分の弱点はどこにあるのか」


それを自分でちゃ~んと認識していたってことなんですよね。(オドロキです)


戦いのノウハウ「孫子の兵法」にも


「敵を知り己を知れば百戦殆う(危う)からず」


という教えがありますけど、(敵のみならず)「自分を知る」ということは、実は、問題解決の大きな突破口となり得ます。


例えば、ダイエットカウンセリングも回を重ねていくと


「途中で止められないから、そもそもお菓子は買わない」とか

「後ではもっとやりたくなくなるから、今のうちにやっておく」とか・・・


自分自身の特性を知ることで、弱点とも冷静に向き合えるようになり、その結果、先回りした対策がとれるようになります。


そうなるともう怖いものはありません。


最大の敵は己の中にいるのですから(ことダイエットに関しては)


それにより「自分でやせる力」が身につき、かつまた人に指摘されたものではないため“やらせれた感”がなく、そこで得たものはその後も無理なく定着していきます。



「自分を知る」



もしかすると今まで目をそらしてきた部分かもしれませんけど、そんな当たり前のことが「自分でやせる力」を身につける近道であり“生活することでやせる”という究極のダイエットの実現へとつながります。


「片付けもダイエットも同じだなぁ。。。」


なんてことを思いつつ、これできっと娘の部屋もリバウンドすることはないだろう、との期待を胸に(諸悪の根源の)ハンガーラックを自分の部屋へと運ぶ母なのでした。



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
    
  

カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


時間やタスクに追われる毎日の中で、真っ白い原稿用紙(てか、PC画面ですけど)に無心で向き合うこの時間が好きです。


もう17年もこうやって週末にメルマガを配信してきたんですよね~


ただ、最近はリアルタイムで反応を感じ取れるTwitterの面白さにも目覚めつつありまして(遅)


これまで申しわけ程度の更新だったんですけど、ここからしばらくはTwitterをメインに情報発信してみようと思います。


と言っても、このメルマガをやめるわけではなく、


「ワンポイントアドバイスをTwitterで、140文字で伝えきれない内容をメルマガで」


という“いいとこどり”で運用していこうかな、と。


なので、これまで週1回の配信だったメルマガが今後は【不定期配信】となります。(と言いつつ、毎週配信するかもしれないし、週に2回の配信もあるかもw)


いずれにしても、「体重を増やしたくない方」「体重を落としたい方」に私自身が30年のカウンセラー歴で蓄積してきた“他では聞けない情報”“絶対に役に立つ知識”をお伝えしていく所存ですので、今後もTwitter&メルマガともにおつきあいいただけると嬉しいです。


そんな私がお伝えしているのは


「からだが喜ぶダイエット」


ということはこれまでも何度もお話してきましたが・・・


これって(私も最近気がついたんですけど)、今盛んに叫ばれている


「SDGs(エスディージーズ)」


にも通じるんじゃないのかなぁ、と。


「SDGs」とは「Sustainable Development Goals」の略で、日本語だと「持続可能な開発目標」


つまり、


「人間が地球でずっと暮らしていけるような世界をつくるための目標」


のことで、貧困や紛争、テロ、温暖化、気候変動、資源の枯渇などなど・・・地球が抱える問題を解決するために2015年の国連サミットで決められた17個の目標です。


ゴールは2030年(あと9年!)


その17個の目標の中の3番目に


「すべての人に健康と福祉を」


ってのがあるんですけど、それが私にとっての「持続可能な開発目標」に当たるんじゃないかと思っています。


例えば、今や世界中で年間1100万人以上が食生活を原因とする病気で命を落としているわけですが・・・


前回のメルマガ〓「腐るもの」を食べよう!〓<http://netslim.blog.jp/archives/27229870.html>でお伝えした


「酵素を無駄遣いしない生活」


を心掛けていただくことで(体重が落ちるだけでなく)食に関連した病気を防ぐことができます。


そもそも「体重が増える」という現象自体、からだから発せられる一種のSOSのサインでもある、と思っているので。


からだが喜ぶことをすれば、当然体調が変わりますし、その延長線で体質が変わり、結果的に体重や見た目が変わるという。。。


「健康」と「ダイエット」そして「美容」は常に三位一体なんですよね。


そう考えてみると、私が提唱する「からだが喜ぶダイエット」には他にも「SDGs」に通じるポイントがいっぱいあるなぁ。。。


ということに、改めて気づきましたので、そういったものも1つ1つTwitter<https://twitter.com/netslim>の方でお伝えしていきたいと思います。


絶対に役に立つ情報しかお伝えしないので(笑)よろしければそちらものぞいてみてください☆



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


前回は「食後の間食」のリスクについてお伝えしました。



「間食をするな」とは言わないけれど、このタイミングでの間食は避けた方がいい、というお話でした。


そういうアドバイスをすると、


「食べたいものをいつでも食べられない人生なんて。。。」


と、ドーーーーンと暗くなっちゃう人もいらっしゃるんですけどw


そういう人に1つ質問したいことがあります。


そんなあなたは「着たい服」をいつでも着れてますか?


「着られる服」ではなく「着たい服」です。


確かに、いつでも欲望の赴くままに食べたい物を食べられない、ってことはストレスかもしれません。


私だって「えーーーい、食べてしまえーー」と思うことはありますもん。


でも、その度によぎるのが「試着室の鏡に映る姿」なんですよね。


「わー、かわいい!」とか「かっこいい!」と思った服を持って試着室に入った時、


「え、やば!全然違うwww」


となって「着たい服」→「着られる服」へと妥協しなければならない人生の方が、私にとってはツライのです。


それを想像するだけで「今はやめとこう」とブレーキがかかります。


ダイエットカウンセリングのクライアントさんからも


> 最近、やせて好きな服をきれいに着られるようになったせいか、自分に自信が出てきた気がします。
> これまでは、お腹を見るたび落ち込んだり、自分が情けなくなったりしていて。。。
> 実は、太っていることがかなりのストレスだったんだなぁ、
> と今更ながら気がつきました。
> 太っているときは好きなものが食べられなくなることの方がストレスなのかと思っていましたが、全然違いました。
>(K.Tさん/千葉県/36歳OL)


なんてお声をいただいておりますが、「着たい服を着られないストレス」は「好きな時に間食できないストレス」より実は何倍も大きい、ということ。


“着たい服を着られる人”もしくは“着られるようになった人”だけが知っています。


と言っても、決して「好きなものを食べてはいけない」ってわけではないんですから。


着たい服を着られるようになるために、ちょっとだけ


「考えて食べる」


ということですね。


前回の「食後の間食」以外にも、例えば


「ご飯から食べる」→「野菜から食べる」
「寝る前に食べる」→「起きてから食べる」


という風に、一瞬考えて食べるだけでも半年後の体重&体型は変わってきます。


なんせ「食べる」という行為は毎日繰り返されるものですから、その習慣の差が作る体重&体型の差は想像以上に大きいのです。


そこを少~し軌道修正してあげることで、半年後、1年後には「着たい服」をいつでも着られる自分になる、ということを知っておいていただきたいなぁと思います。


「着たい服を着られる快感」は「甘いものの快感」をはるかに上回りますので。



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  

カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


間もなく3月も終わりますね。


私もこの春でよ~うやく長年の「親業」から卒業です。


「教育が高くつくと言うなら、無知はもっと高くつく」


というアメリカ建国の父ベンジャミン・フランクリンの言葉に煽られ・・・いや、背中を押され笑


随分投資もしてきたなぁ~(しみじみ。。。)


この情報社会、何の分野でも有益な情報は全て「有料」ですものね。


もちろん、無料の情報の中にも役に立つ情報がひっそり埋もれていることがあります。


ただ、これだけの情報の大海原の中から自分にピッタリの情報を探し当てるには、かなりの労力と時間が必要です。


その労力と時間をお金に換算すると、結構高いものになったりするんですよね。


もしくは、“知らなかったこと”で損することや失うものがあった時、これもまた「高くつく」ってことに。


ダイエットカウンセリングでも“知らなかったこと”で増やさなくていい体重を増やしてしまったり、しなくていい遠回りをさせられた方々とたくさん出会います。


例えば、


「甘いものを食べたいがためにご飯を抜く」


なんて暴挙も無知ゆえにできることですし、他にも「意外と知られてないなー」と感じることは山ほどあります。


「スポーツドリンクには角砂糖5個分の糖分が含まれる」


「ケチャップに含まれる糖分はアイスクリーム以上」


「砂糖不使用は砂糖を含まないわけではない」


「ゼロカロリー商品も0kcalとは限らない」


「ほとんどのコーヒー用クリームは乳製品ではなく油」


「温かいコーヒーも緑茶も、実はからだを冷やす陰性食品」


「野菜ジュースは野菜の代わりにならない」


「ポテトサラダは野菜じゃない」


「マーガリンは植物油じゃない」


「中性脂肪のもとは炭水化物」


・・・と、書きだしたらキリがありませんが、食に関することだけでもざっとこれぐらい思い浮かびます。


こういうことって、知ってる人は知ってるけど知らない人は全く知らない。


無料の媒体だと、こういったこともサラッと流してあることが多いので、重要事項ってことすら気づけないんですよね。


そこを知ってる人っていうのは、やはり幾ばくかのお金をかけて情報を買ってる人です。(本代だったりセミナー代だったり)


そのように「教育(情報)」は高くつくわけですけれども、それがないがために「とりかえしのつかないからだ」を作り、その解決に多くのお金をかけるということになると・・・


ベンジャミン・フランクリンの言葉は、ダイエットの世界にも大いに当てはまるのかもしれません。


とりわけ、それが小さいお子さんの親御さんだったりすると悲劇はご本人だけに留まりませんし。


さらに「無知」×「無知」=「的外れなやり方」の積み重ねで上手く体重が落とせずに


「自分はもうやせないんじゃないか」


と思ってしまうとしたら・・・


これこそが最大の損失、悲劇です。


「なぜ体重が増えたのか」

「何をすればいいのか」

「何をしなければいいのか」

「何を食べればいいのか」

「何を食べなければいいのか」


そういったことを知ることで防げる悲劇はたくさんありますので、「高くつく」ことになる前に(労力でも時間でもお金でも)できる投資で有益な情報をきちんと入手していただきたいと思います。


私もこの無料のメルマガやTwitterで許される範囲の情報を最大限にお伝えしていきますので☆



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


このメルマガではいつも言ってることですが、「ダイエット」とは古代ギリシャ語の「diaita(生活習慣、生き方)」が語源で、決して“一時的なイベント”ではありません。


ここをわかっているか否かがリバウンドする人、しない人の分かれ道になります。


え、てことは生きてる限りずーーーっと続くってこと!?


はい、おっしゃる通り「長い長~い旅」となります。


その長いダイエットの旅を自分一人で続けようと思うと、心身ともに大変なことです。


それを苦痛なく続けるコツは、いろんなものの力を借りて、その行程を少しでもラクにしてあげること。


いわゆる「パートナー」の存在がカギとなります。


パートナーと言えば、サプリメントだったり、優れものグッズだったり、ダイエットの専門家だったり・・・


いろいろあるかと思いますが、実は最も重要なパートナーってのが他にありまして。


しかも、もうすでにみなさんお一人お一人が携えていらっしゃる。


それは



「昨日の私」



です。


「今日の私」でもない「明日の私」でもない「昨日の私」


私自身もそんな「昨日の私」に感謝することがたっくさんあります。


反面、腹が立つことも。


例えば・・・


仕事の合間にご飯を食べようと思った時。


その時になって準備しようったって、どんな状況になっているかわかりません。


時間に余裕のある時なら、冷蔵庫を開けて「何作ろっかな~」ってことも可能ですが、そうじゃない時もあります。


「作る時間がない」

「必要な材料がない」

「体調が悪い」


かと言って、何も食べなければ飢餓状態となった脳やからだの反動がオソロシイ。


となると、あるものを食べるしかない。


手軽に食べられるものと言えば、糖質&脂質のかたまりのインスタント食品や冷凍食品。


もしくは添加物だらけのジャンクフードとか。


気がつけば、そういう食生活が何年も続いてた・・・というダイエッターさんも少なくありません。


これでは体重は増える一方です。


そんな時、頼りになるのが「昨日の私」です。


(昨日じゃなくても)時間や材料に余裕がある時に


「何か一品作っといてあげる」とか

「ちょっと作り過ぎちゃったから残しといてあげよう」とか


やってもらってると、あとあとすごーーーく助かるんですよね。


冷蔵庫を開けた時、



「昨日の私、ありがとう~!!」



と叫びたくなる瞬間です。


一方で、な~~~んにもない時。。。


冷蔵庫の前で呆然と立ち尽くしながら、怠けてた「昨日の私」に腹が立つわけです。


ダイエットカウンセリングのクライアントさんの中にも


> 常備菜のある無しで平日の食べるものの選択肢が“まともな方に”ぐんと広がるので、日曜日は頑張る。


と、お休みの日に作り置きに励まれる方や


> 家に帰りつくのが大体夜8時か9時なので、空腹をしのぐために、まず常備菜を小皿にわけてお腹にいれます。
> それから冷蔵庫にある肉(もしくは魚)と野菜でメインのおかずを作ります。
> この時、ついでに作れそうな常備菜も作っておきます。
> ちょこちょこご飯をつまんで・・・
> 夕飯はほぼ味見で終わる感じです。
> 遅い時間に食べるので、これでちょうど良いのです。


と、常備菜作りの味見で夕食を済ませてしまう方など・・・


明日以降の自分のことを考えて準備をしてくれる「昨日の私」がついていてくれてる人は、やっぱり結果の出方が違います。


それよりもなによりも、同じダイエットの長旅なのにラクラク進んで行けてる感じ。


長いダイエットの旅を一人の自分で歩くのか。


「昨日の私」と二人で歩くのか。


その差はかなり大きいです。


(ダイエットに限らず)明日の自分を助けてあげられるのは今日の自分しかいません。


「昨日の私、ありがとう!」


と言ってもらうために、今日も「ちょっとだけ」頑張っておきましょう



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


ダイエットが上手くいかない人達からよく聞こえてくるのは、


「だって、今月は○○○○があったから~」


といったお声(言い訳?)です。


例えば、


1月→お正月
2月→バレンタインデー
3月→ホワイトデー
4月→歓送迎会やお花見
5月→ゴールデンウィーク
6月→梅雨バテ
7月→夏休み
8月→お盆
9月→シルバーウイーク
10月→食欲の秋
11月→忘年会シーズン
12月→クリスマス


あたりが定番かなぁ。


これ見ていただけるとおわかりのように、結局、1年を通して「ダイエットに集中できる時」ってないんですよね。


そもそも「ダイエット」という言葉自体、古代ギリシャ語の「diaita(生活習慣、生き方)」が語源で、決して“一時的に体重を落とすイベント”ではなく“一生続けていく生活のしかた”なわけですから。


リバウンドの沼から抜け出すためには、まずそこの認識から改めていただく必要があります。


そこが変われば、上記の年間行事への対処法も変わってくるはず。


・・・ということで、今月も「バレンタインデー」という大きな鬼門があるので、(もらう側もあげる側も)このチョコレートのお祭りをどう乗り切っていくか。


その心得をアドバイスしておきますね。


----------------------
【その1】食べるチョコを厳選する
----------------------


“厳選”と言っても、私自身


「ダイエットのために美味しくないものを食べる必要はない」


と常日頃から思っているので、こんな時に“高カカオのビターチョコ”だの“砂糖不使用の低糖質チョコ”だの「往生際の悪いオキテヤブリ」でストレスを溜めていただきたくはありません。


どんだけ甘かろうが、どんだけクリーミーであろうが、潔く「これで太るなら本望よ!」と思えるものを選んでください。


年に一度のイベントくらい、カロリーよりも満足度を重視し、絶対に“念を残さない”ようにしていただくことが大事です。


----------------------
【その2】食べたら燃やす
----------------------


仮に10,000kcal食べたとしても、10,001kcal消費すれば絶対に太ることはありません。


体重を増やしたくなければ


「アンダーカロリー( 摂取カロリー < 消費カロリー )」


の状態に持っていけばいいだけのこと。


例えば、トリュフチョコレート1個分のカロリー(約100kcal)を消費するためには
 

ウォーキング:60分
エアロバイク:30分
エアロビクス:30分
踏み台昇降:20分
ジョギング:20分


くらいの運動量が必要となります。


その覚悟をもって挑んでいただきたいな、と。


とは言え、あっちのお店こっちのお店・・・と行ったり来たりしてるだけでも1時間くらいは歩けちゃいますから、そんなにハードルの高いことではありません。


参考までに、上記運動でペイできるお菓子の目安はこんな感じです。



----------------------
【その3】2日以上続けない
----------------------


1日くらい羽目を外したところでドッカーーーン!と体重が増えることはありません。(一時的に増えてもすぐまた元に戻ります。)


・・・が!!


その1日がダイエット挫折のきっかけとなることは、大いにあり得ます。


羽目を外すのは「1日限定」


そのためにも“念を残さない”ってことが重要なポイントとなります。


「もうしばらくチョコレートはいいわwww」


って思えるくらい満足度の高いチョコを堪能してください。


以上が、バレンタインチョコで体重を増やさないための3つの心得です。


当たり前のことばかりではありますが、それができない人が体重を増やしているわけなので、今年のバレンタインデーはこの3つのオキテを忠実に守ってみてください。


きっと「満足した割に体重が増えてない」ってことを体感していただけるはずです。



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


どんなクリスマスをお過ごしでしょうか。


こんな日までダイエットとか野暮なことは言いたくないので、ケーキでもチキンでもお酒でも・・・念を残さないよう(?)思いっきり堪能してください。


ここで一人だけストイックに頑張ってしまうと、そのあとの反動が怖いですから。


「楽しむ時は楽しむ」

「メリハリのあるダイエット」


これが「頑張らないダイエット」「5年先も続けられる方法」の基本理念であり、長続きのコツでもあります。


でも、そういった言葉を都合よく解釈して対応を間違ってしまうと、あっという間に最高体重を更新してしまうのが年間最大の鬼門「年末年始」です。


例えば、この時期にありがちな体重増加のパターンは


食べ過ぎ&飲み過ぎでカロリーオーバー
 ↓ 
(翌日) 恐る恐る体重計に乗る
 ↓ 
思ったより体重増えてなくてホッとする 
 ↓ 
油断してまた羽目を外す 
 ↓
(2~3日後) 久しぶりに体重計に乗る
 ↓ 
どっかーん!と増えてショック受ける


これ、短期間にイベントが続く時期のあるあるで、このメルマガの読者さんならもう耳にタコでしょうけども、


「とり過ぎたカロリーが体重に反映されるまでには時差がある」


ということを忘れた(もしくは知らない)ために起こる悲劇です。


食べ過ぎた翌日に大幅に体重が増えることはありませんし、もしあったとしても、数日後にはもっと増えます。(とり過ぎたカロリーが脂肪となって身につくまでに数日かかるので。)


逆に言うと


「とり過ぎたカロリーが数字に反映される前にエネルギーとして消費してしまえば体重増加にはつながらない」


ということでもあります。


体重を増やさない確実な方法は


「アンダーカロリー(摂取カロリー<消費カロリー)」


にもっていくこと。


何度もお伝えしてますが、


「10,000kcal食べても10,001kcal消費すれば絶対に太ることはない」


のですから。


このイベントシーズンにすでに体重が増えてしまった人も


「増えてるのが体重だけで体脂肪率は増えていない」


という段階であれば、まだ間に合います。


今のうちに余剰カロリーをどんどん消費しちゃいましょう。


参考までに、1時間のウォーキングで帳消しにできるお菓子の量はこれくらいです。(種類にもよりますが)


粒チョコ:2~3粒

板チョコ:1/3枚

クッキー:2枚弱

ようかん:1切れ

ショートケーキ:1/3個

ドーナツ:1/2個


その他のお菓子については▼画像で見る100kcalのお菓子▼を参考に。


とり過ぎたカロリーを消費する時間を確保するために


「イベントが2日以上続かないようスケジュールを工夫する」


ということも、この時期の体重増加を防ぐ重要なスキルとなります。


毎年お伝えしていることですが、


<たまのイベントは念を残さないよう思いっきり楽しむ>

<とり過ぎたカロリーは数字に反映される前に消費する>

<イベントが2日以上続かないようスケジュールを工夫する>


この3ヶ条で今年も年間最大の鬼門「年末年始」をストレスフリーに乗り切っていただきたいと思います。


今年のメルマガは今回が最後。


いや、大変な1年でしたが;


来年も(コロナの先が全く見えませんけれども)「頑張らないダイエット」「5年先も続けられる方法」をモットーに“からだが喜ぶダイエット”のヒントをお届けしていきますので、どうぞお楽しみに!


なお、携帯のキャリアメールを登録されている方は、携帯会社のプラン変更等によりメルマガが届かなくなってしまう可能性があります。


今一度ご登録のアドレスをご確認のうえ、必要とあらばアドレス変更のお手続きをお願いいたします。



年末年始の間はTwitterの方でいろんなヒントをお伝えしていきますので、よろしければそちらものぞいてみてください☆
  


メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
 
こんにちは。もみい里香です。


「過去最強クラス」とか「特別警報級」とか・・・


もう考えられる最大級の警告を伴って台風10号「海神」が近づいていて(名前からして)ものすごく怖いんですけど。。。


唯一の救いは「台風は準備可能な災害」ということ。


気象庁が事前にここまでの呼びかけを行うというのはちょっと記憶にないので、自分の身は自分で守るべく最大限の対策をしなくては・・・!(対策は今日のうちに!だそうです)


ということで、今回は準備していた記事は次回に回して、台風シーズンの


「ダイエット面における三大警告」


をお伝えしておきたいと思います。


昨年も同じ時期にお伝えしてますが、初めての方も二度目の方も“ムダな挫折を防ぐために”頭の隅に置いておいてくださいね。


*************************


■「低気圧」の影響


今回の台風、現時点で925hPaと、昨年千葉県に甚大な被害をもたらした台風よりもさらに低い気圧で日本列島に接近していて、これがさらに発達する見込みのようです。

気圧が下がると、普段圧力をかけられていた血管や臓器が膨張することで循環が悪くなったり関節の動きに支障が出たり・・・

その結果、「頭痛」「眠気」「倦怠感」「関節痛」などの不調があちこちに現れることに。

ダイエット的にも体内の循環不良や発汗不足による「むくみ」

さらに不安定な気候による「自律神経の乱れ」や「代謝機能の低下」

と、体重が落ちにくい条件が重なります。


■「大潮」の影響


しかも、今月は頭から「大潮」に突入しています。

大潮とは、海水の満ち引きのサイクルに関する言葉で。

海の水は月の引力に引っ張られて満ち引きを繰り返しているんですが、なかでも「満月(や新月)の前後数日間」に海面の高低差が最も大きくなります。

その時がいわゆる「大潮」となります。

そんな月の引力の影響を受けているのは海の水だけではなく。

約6割が水でできてる私達のからだも、がっつり月の引力の影響を受けています。

「満月や新月の日にお産が多い」とか「(自然死の場合)引き潮に亡くなることが多い」という言い伝えは古くからあり、「満月の夜に交通事故が増える」なんて都市伝説もあるくらい。

「なんだか気分が上がらない」とか「心身ともにスッキリしない」といった時にカレンダーを見てみると「大潮」だったなんてことは実際によくあることです。

とりわけ満月の時期(今月だと9/2)は、からだが栄養や水分を溜め込むため体重も落ちにくい状況となります。

今回はその大潮と台風が重なるので、それ相応の覚悟が必要です。


■「防衛本能」の影響


精神的な不安や体調不良など心身にストレスがかかると、からだはそれを柔らげ精神を安定させる「セロトニン」という神経伝達物質を求めます。

このセロトニンの生成&分泌には「糖質(ブドウ糖)」が必要なため、そういう状況下では甘いものや炭水化物、アルコールなどの糖質に手が伸びがちです。

これは、大きな災害の前後にもよく見られる行動パターンで

「異常時の正常な行動」

と言えます。

一種の防衛本能なので、自己嫌悪に陥る必要はありません。

そこから暴飲暴食癖が定着してしまうことのないよう、そのメカニズムを頭で理解しておくことが重要です。


*************************


以上がこの週末に向けての「ダイエット面における三大警告」です。


いずれも一時的な現象で台風通過後にはウソのようにスッキリしますので、体重が落ちなくとも体調が優れなくとも「慌てず」「焦らず」「落ち込まず」冷静に対処してくださいね。


何はともあれ、この週末はダイエットよりも身の安全の確保を最優先で!



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
    
こんにちは。もみい里香です。


今週はがっつり「大潮」でしたね。


釣りやマリンスポーツを楽しむ際に、満干の時間や海面の水位などをチェックする重要な情報「潮の流れ」


私は釣りもサーフィンもしませんが「潮見表カレンダー」だけは常に手元に置いてあります。


何のために?


もちろん、ダイエットを失敗しないために。


そもそも体重は「摂取カロリー」と「消費カロリー」のバランスで増えたり減ったりするものなので、そこを「食事」や「運動」で調整していけばいいだけのことなんですけど。


それだけではどーーーにもならない部分も、実はあるんですよね。


その1つが


「バイオリズム(生体リズム)」


からだやメンタルの周期的な変化のことです。


「肉体のリズム」「感情のリズム」「理性のリズム」の微妙な織り合わせにより“なんとなくイライラする”日があったり“何もしたくない”日があったり“無性に気分が落ちる”日があったり・・・


お心当たりありませんか?(女性の場合だと「生理前」とか)


さすがに、航空業界などではその辺もきちんと認識されていて、パイロットの勤務スケジュールもこのバイオリズムに従って決められるんだそうです。


パイロットにしろダイエッターさんにしろ、要注意な日が、


「大潮」


と呼ばれる時期です。


地球って月の引力にすごく影響を受けていて、例えば海水の動きも「月の満ち欠け」のリズムと連動しているわけですが、なかでも「満月(や新月)の前後数日間」が最も海面の高低差が大きくなります。


その時がまさに「大潮」


ちなみに、今月は8/4(火)が満月で、8/19(水)が新月です。


そんな月の引力に影響されているのは海の水だけでなく、約6割が水でできてる私達のからだも然り、なのです。


「満月(や新月)の日にお産が多い」という説は昔から存在してましたし「月の満ち欠けカレンダー」が貼ってある産院も多いと聞きます。


他にも「(自然死の場合)引き潮に亡くなることが多い」という言い伝えや、中には「満月の夜に交通事故が増える」なんて都市伝説まで。


いずれも科学的根拠は「?」なので、その辺に関してこれ以上掘り下げることはしませんが、


「なんだかテンションが上がらないなー」とか

「なぜか体重が増え続けてる」とか

「頭痛薬が効かない」


なんて時にカレンダーを見てみると「大潮」だった!


なんてことは実際によくあることなのです。


私も昨日しょっちゅうトイレ(小)に行ってて、出しても出しても出てくる(?)ので、潮見表をチェックしてみたら、やはり大潮最終日でした。


数日前から溜め込んでいたと思われる水分がどんどん排出されて、体重も体調もスッキリ!


その分体脂肪率は少し上昇しましたけどw(その理由は過去記事▼その体重増加の原因は・・・▼に)


科学的に解明されているバイオリズム以外にも、そういう目には見えない自然のリズムがあるということ。


そして、それにより引き起こされてる不調は慌てずとも時間とともに解消され、また周期的に繰り返されるということ。


そういうことをぼんやりでも知っておくことで防げる失敗もありますので、気になる人はぜひ「潮見表カレンダー」をお手元に。(WEB版もあります)



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


このページのトップヘ

見出し画像
×