カテゴリ

カテゴリ:健康部

カテゴリ:
   
こんにちは。もみい里香です。


4月に入ってようやく「寒の戻り」とか「西高東低」といった天気用語も聞かれなくなりましたね。


この「西高東低」という言葉、冬の気圧配置を表すものですが、実はダイエットにおいても似たような法則がありまして。


それは“やせる法則”




「昼 高 夜 低」




つまり、体重を落とそうと思った時に


「昼→高い」

「夜→低い」


という状況が望ましいものが少なくとも2つある、というお話です。


1つは言わずと知れた


「カロリー」


です。


これは大方予想がつくと思いますが、摂取したカロリーはなるべくその日のうちに消費してしまった方がいいので、カロリーの高いものほど朝やお昼のうちに食べてしまうのがベターです。


「どーーーしても間食がやめられない」なんて人は、せめて午前中のうちにオキテヤブリしておくと弊害が少なくて済みますし、会社帰りのお父さんのお土産のケーキもできれば翌朝に回した方が賢明です。


一説には


「夕方以降の摂取カロリーが一日の総摂取カロリーの40%を超えると太る」


と言われていますので、体重を落としたければ、やはり摂取カロリーは「昼高夜低」が望ましいです。


ダイエットカウンセリングのクライアントさんの中には


「晩ご飯のような朝ご飯」

「朝ご飯のような晩ご飯」


に切り替えることで2ヶ月で5kg落とした方もいらっしゃいます。(これまで夜に食べていたがっつりメニューを朝にもってくるだけで、一日の総摂取カロリーは同じ。)


決して「昼高夜無」ではない、というところがミソですね。


そして、もう1つの“昼が高くて夜が低い方がいい”ものは


「体温」


です。


「やせやすさ、太りやすさを左右するのは、じっとしている時に使われるエネルギー(基礎代謝)」


ってことはすでにご存じかと思いますが、そんな基礎代謝と同じくらいダイエットに影響を及ぼすファクターが体温です。


体温が1度下がると基礎代謝は10%ほど低下すると言われています。


つまり、体温が36.5度の人と35.5度の人とでは、同じ食事をしていても後者の方が太りやすいということ。


さらに、体内のエネルギー代謝に必要不可欠な「酵素」は36.5~37度で最も活性化されますが、体温が1度下がるとその働きは50%も低下してしまうため、「エネルギー代謝がスムーズに行われない=脂肪が燃焼しにくい」という状況になってしまいます。


“たった1度の差”でからだの機能はここまで違ってくる、ということは、たった1度体温を上げるだけでも随分「やせやすい体内環境」へと変化する、とも言えるわけです。


ただ・・・!


これ、一日中体温が高ければいいというものでもなく。


効率よく体重を落とすためには


「質のいい睡眠」


が必要不可欠です。


それにも、この体温が大きく関わっているのです。


人は眠りに入る時に体温が下がり、目覚めるとまた上がる仕組みになっています。


この


「日中の体温が高く夜になると体温が下がる=昼高夜低」


が正常な体温リズムで、それが上手く繰り返されている人ほどよく眠れますし、体重も効率よく落ちてくれます。


ところが。


現代人の生活は加工食品中心の食生活や運動不足、エアコンの多用などでどうしても「冷える生活」に傾きつつあります。


その結果“体温のメリハリがつきにくくなってる人”がとっても多いのです。


眠りに入る時間帯にきちんと体温を下げるためには、日中の体温をちゃんと上げる工夫が必要です。


そういう意味でも、朝やお昼に“ちゃんと食べる”ってことが大事になってきます。


「体重が増えやすくなった」とか

「増えた体重が落ちにくくなった」


とお感じの方は「カロリー」と「体温」の2つのファクターが、


「やせる法則=昼高夜低」


からはずれてないかどうか、今一度チェックしてみてください。



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールやLINEでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  

カテゴリ:
  
こんにちは。もみい里香です。


長年ダイエットのカウンセリングをやってきてつくづく感じるのが


「家のメンテナンスとからだのメンテナンスは相通ずるものがある」


ってことなんですよね~


例えば、以前Twitterでつぶやいた「もったいない」という感覚とか。


ほかにも「体重が落ちると同時に部屋が片付いてきた」なんてお声も少なくありませんし。


ということで、今日は“一見ダイエットには関係なさそうなんだけど、実は共通している”というお役立ち情報を1つシェアしてみたいと思います。


先日キッチンの排水の調子が悪くて業者さんに来てもらったんですが、どうも油汚れが蓄積して排水管を狭くしていたみたいなんです。(コレステロールで血管が狭くなるイメージ?)


もちろん、油を直接流したりはしませんが、どうしても日々の洗い物の際に流れたものがこびりついてしまうみたいで、これはしかたのないことなんだとか。


その時、プロの方に教えてもらった予防法がめっちゃ「目からウロコ」で!


必要なものは、いわゆる市販のパイプクリーナーとかじゃなく


「洗い桶」


のみです(なければ大きなボウルやお鍋でも)


これで漬け置き洗いをしようって話ではありません。


使うのは「すすぎ」の時です。


食器や調理器具などを洗う時に、すすぎの水をダラダラ流しっ放しにするのではなく洗い桶に溜めます。


そして、それがいっぱいになったところで一気にザーーーーッ!!と流す。


ただこれだけ、です。


どういうことかと言いますと・・・


ダラダラ流しっ放しのすすぎ水に排水管にこびりついた汚れまで剥がすパワーはないけれども、大容量のお水を一気に流すことでそれが可能になる!


ってことなんですね。


しかも、それを毎食後に行えば排水管が詰まる暇がないという。。。


確かに、やってみると1回の食器洗いだけでも数回すすぎ水って溜まるんですけど、溜めなきゃ弱い水流でダラダラ流れていくだけですものね。


同じ理論で、お風呂場も湯船派の人よりシャワー派の人の方が排水管が詰まりやすいんだそうです。


ちょろちょろ流れていくお湯では排水管の掃除はできないけど、バスタブいっぱいのお湯を排水することで排水管の汚れも一緒に押し流されるんですって。


そういう意味でも、シャワー派の人も週に一度くらいはお湯を溜めてお風呂に入った方がいいんだとか。


・・・と、ここで私の中では「からだのメンテナンス」とリンクするわけです。


例えば、「糖質制限ダイエット」や「置き換えダイエット」に多いお悩みが


「便秘」


ですが、その代表的なものが“便のもとがない便秘”です。


便の主な材料は水分や食べ物のカスなので、炭水化物の摂取量を極端に減らした食事では便そのもののカサが減り、結果“便のもとがない便秘”を引き起こすことに。


そういう方には「一度思い切ってご飯をたっぷり食べてみて!」とアドバイスします。


そうすると、あたかも排水管の詰まりが解消するようにお通じがスッキリ!!通っちゃうんです。


どちらも「圧」がポイントですね。


意外なところに共通点を見つけてビックリするやら腑に落ちるやら。。。


「排水管の詰まり」に「便のもとがない便秘」、いずれも日々の習慣をちょっと変えることで防げたりしますので、お困りの方はぜひ試してみてください☆


  
メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマートフォンへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2020 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
 
こんにちは。もみい里香です。


ついに東京都および関東各県でも自粛要請が出て、一気に緊張感が高まった感じですが・・・


これ、法律の関係で日本では「要請」までしか出せない、と小池都知事が無念そうに訴えておられたのが印象的でした。


本来なら、


「1日に400人以上も死んでるのがわからないのか!家にいろ!!」


と怒声を放っていたイタリアの首長達のように力づくでも押さえつけておきたい状況でしょうに。。。


こんな事態は昭和生まれの私でもまったく初めての経験で・・・1mm先も読めません。


こういう時に「ダイエット」じゃないだろ!ってお叱りを受けるかもしれませんが、そう思われた人はもしかすると


「ダイエット=(一時的に)体重を落とす行為」


という認識に大きな勘違いがあるかもしれません。


私も便宜上、体重を落とすことを「ダイエット」と表現することがありますが、そもそもダイエットの語源は古代ギリシャ語の「diaita(生活習慣、生き方)」です。


つまり、


「ダイエット=(一生続く)生活のしかた」


なんですね。


なので、こんな時に絶対にやってはならないのは、必要以上の食事制限や欠食など“食べずにやせる”というダイエットです。


これだけの勢いで感染が拡大している中、「自分だけが感染しない」というのはもはや宝くじ当選レベルの難易度の高さでしょう。


私達の次なるテーマは「感染しても重症化しない」


そのための最大の武器は「免疫力」


ってことは、このメルマガでも何度もお伝えしてきました。


免疫力を高めるための最大のコツは


「体温を下げない」

「腸内環境を悪化させない」


そのために「きちんと栄養をとる」というのはF1ドライバーの給油と同じくらい重要な「あなたの仕事」です。


・エネルギーのもととなる「炭水化物(糖質)」

・体温や代謝を上げる「タンパク質」

・細胞膜やホルモンの原材料となる「脂質」

・それぞれの栄養素を有効化する「ビタミン&ミネラル」


こういった全ての栄養素がそれぞれ互いに作用しあうことで免疫力もUPするし、体重が落ちやすい体内環境も作られます。


そう、食べることで体重が落ちる、これこそ私が「NetSlimネットスリム」で15年間提唱し続けてきた


「からだが喜ぶダイエット」


です。


大事なことは「何を食べないか」ではなく「何を食べるか」


そういう意味で重要視していただきたいのが


「旬のもの」


です。


例えば、今の時期だと


「菜の花」「クレソン」「ルッコラ」「ふきのとう」「タラの芽」「ふき」「スナップえんどう」「新たまねぎ」「春キャベツ」


といった「春野菜」が店頭を賑わしています。


これらは厳しい寒さの中じっくりと地中で栄養を溜め込んでいるため、体内の代謝の促進や疲労回復に大きな効力を発揮します。


そればかりではありません。


春野菜には独特の苦みやアクのあるものが多いでしょう?


これには、冬のあいだ寒さに耐えるためにからだが蓄えたものや体内に溜まった毒素を体外に排出させる優れた「デトックス効果」があるんです。


(さすがにコロナウイルスを排出する力があるかどうかはナゾですが;)不思議と、その時その時からだが必要とする栄養素を豊富に含んでいるのが「旬のもの」です。


いろんなウイルスに立ち向かう免疫力を高めるため、体重の落ちやすい体内環境を準備するため、今この時期にしか味わうことができない貴重な“自然からの恵み”をこの機会にぜひご自宅でゆっくり堪能してみてくださいね。


私もTwitter経由でお役に立てるヒントを発信していきますので☆



メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
【 無料のメルマガ登録はこちら 】


2004年からココログさんの方でメルマガのバックナンバーを公開してまいりましたが、
2019年7月にlivedoor Blogさんの方にお引っ越ししました。

【 15年間分のダイエットのノウハウはこちら 】からご覧いただけます。


□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□
  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


カテゴリ:
     
こんにちは!もみい里香です。


健康的にスムーズに体重を落とすうえで絶対に外せない条件があります。


それは「正常なお通じ」


そもそも私達のからだは、口から肛門まで1本の「管」のようなもので、口から入れた食べ物がその途中で消化・吸収されることで体質や体型が作られています。


その管の途中に何らかの問題があると、代謝機能が正常に働かなくなり体重も落ちにくくなってしまいます。


なにより、口から入れたものがスムーズに出ていかなければ、それだけでも単純に体重は増えてしまいます。(便からは75%の毒素が排出されると言われているほど、お通じは最高のデトックスでもあります。)


また、「第2の脳」とも言われる腸には脳と同じ神経が多く分布し、それらは自律神経でつながっているため、腸の不調は自律神経やホルモンバランスの乱れに直結します。


その結果、冷えや睡眠障害など、ますます体重が落ちにくい体内環境に。


そんなこんなで「便秘」はダイエットを成功させるうえで真っ先に解決しなければならない“最重要課題”でもあるのです。


では、どんな状態が「正常なお通じ」なのか。


その条件をざっと挙げてみますと・・・


■食事~排便までの時間
日本人の平均的な所要時間=34時間~44時間(大体1日半~2日)
※食事内容や水分摂取量、体質や環境によって個人差あり。


■色
黄土色(茶系または黄色~緑がかった茶色でもOK)
※タンパク質や油脂をとり過ぎると胆汁の影響で茶色が濃くなる。


■形状
バナナ状か粘土状がベスト。
※腸での滞在期間が長いと大腸で水分が吸収されコロコロ便に。


■匂い
健康な便はあまり匂わない。
※動物性タンパク質をとり過ぎると匂いがキツくなる傾向あり。


以上を参考に毎日のお通じを観察してご自身の「管」のコンディションをチェックしていただきたいのですが、ちょっとわかりにくいのが


「食事~排便までの時間」


ですよね。


今朝のお通じがいつ食べたものの結果なのか!?


素人目には判断が難しい。。。


そこで、私が時々とり入れている「検査方法」を1つおすすめしてみますね。


それは


「イカ墨パスタ」


です。笑


「あ~~あ!」と納得された方も多いかもですが、イカ墨のお料理を堪能したあと。


真っ黒い便にギョッ!!とした経験ありませんか?


一瞬「え、何かの病気!?」と血の気が引いたあとで「あ、そうかイカ墨か!」とホッとするわけですがw


そのタイミングに個人差があるんですよね。


一緒に食べた人の中には「翌朝に出た」という人もいれば「数日後に出た」という人も。(時間が経ちすぎて「いつ出たかわからない」なんて人も;)


でも、それを逆手に取ることで自分の「食事~排便までの時間」を簡単に計ることができます。


私はよく無印良品さんの『あえるだけのパスタソース(いかすみ)』でこの「検査」を行うんですけど笑


同じ人間でもからだのコンディションや生活リズムによってビミョーに時間差があったりしますので、それが生活習慣の見直しの目安にもなります。


「以前食べた時より出てくるのが早いから、快腸だな」とか

「今回、ちょっと時間がかかってるから野菜不足かな」とか


ちなみに、免疫力を支える免疫細胞が最も多く存在するのは「小腸」です。


腸内環境を整えることはダイエットのみならず感染症予防のうえでも効果絶大なので、このインフルエンザシーズンをスリムに元気に乗り切るためにも、機会があったらぜひこの「検査」試してみてくださいね!(美味しいですし☆)


メルマガ登録していただきますと、読者限定のお得な情報がいち早くお手元に届きます
  
メルマガ登録(無料)はこちら

 
  
□■□━━━━━━━━━━━
ダイエットカウンセリング
━━━━━━━━━━━□■□

  
ダイエットトレーナーもみい里香が体質を分析したうえで、あなたに合ったやせ方をメールでご指導いたします。
             
            
         
■カウンセリングのお申込みはこちら
     
          
                    
・カウンセリングの詳細はこちら
             
・体験者のお声はこちら
          
・よくある質問はこちら
           
※スマホへのご案内メールが受信拒否で戻ってくるケースが時々発生しております。
                       
お申込み後24時間以上経っても当方からのメールが届かない場合は
          
「@netslim.jp」からのメールを受け取れるよう設定していただく
                       
パソコン用アドレスに変える
                 
のいずれかの方法で再度お申込みいただきますようお願いいたします。
                 
━━━━━━━━━━━━━━
■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
Copyright(C) 2004-2019 NetSlim All Rights Reserved.
  
  


このページのトップヘ

見出し画像
×